2017-05-21 22:00 Fuhito Kitahara

相壁琢人の押し花個展『無彩色の痛点』から、中村浩之とUtaeによるインスタレーションライブ映像が公開に


フラワーアーティスト・相壁琢人が、今年4月に開催した押し花個展『無彩色の痛点』オープニングレセプションでのインスタレーションライブの映像を公開した。

 
相壁琢人は、東京を拠点に、植生している植物を摂取し保存を目的とした制作活動を行っている注目のフラワーアーティスト。4月21日〜26日に表参道のギャラリーROCKETで、個展『無彩色の痛点』を開催。初日にはオープニングパーティーを行った。

 
今回公開された映像は、そのオープニングパーティーで行われた中村浩之、Utaeによるインスタレーションライブ映像。

 
個展『無彩色の痛点』では、人間が植物の生死を捉える要素である”色彩”からの脱却と確立をテーマに「業からの解朴」を提示した映像作品も上映。この映像もYOUTUBEに公開されているので、合わせてチェックしてみよう。

 
 


相壁 琢人 / 無彩色の痛点 / 2017.4.21 表参道ROCKET / 中村浩之・UtaeインスタレーションLIVE-FULL

 


相壁 琢人 / 無彩色の痛点 / Pressed Flower Exhibition / FULL ver.

 

 



 
中村浩之

ピアニスト、作曲家、プロデューサー、電子音楽家。
昭和音楽大学をピアノ科で入学後、在学中から活動を開始。
作編曲家として多くの映画、映像作品の音楽を制作の他、海外オーケストラのアレンジ等。
演奏家としてもジャズ、クラシック、ポップスと演奏するピアニストとして、電子音楽家としても国内外レーベルからのリリース、ライブ、インスタレーション、音楽イベントの主催と活動は多岐にわたる。​
また、プログラミングソフトMax/Mspで独自のシーケンスを組み、制作した電子音楽作品『TRITONOMICS』を米レーベルから2009年に発表。2010年に「docomo PRIME series F-09A」のCMに次世代を担う芸術家として出演。同年、TBS企画大沢たかお主演のミュージカル『ファントム』にピアノ、キーボーディストとして参加。自身のトリオ NH-Trio(エヌエイチトリオ) で海外レーベルからのリリース等活動し、その後2014年にクラシカルポップユニット JOY-S(ジョイス) を主催し、1stアルバム『BLEU』を発表。
翌年​​8月に台湾の東吳大學に招待され、ピアノやDAWの講義、演奏を1週間に渡り行う。9月にもう1つの主催ユニットである、エレクトロジャズユニット UN.a(ユーエヌエー) で1stアルバム『Intersecting』を全国発売後、NYCツアーを行う。国立新美術館、BEAMS等でも販売され、各メディアにエレクトロジャズの新しい形と絶賛される。2016年1月にさいたまスーパーアリーナにて『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 5th STAGE』にてピアニストとしてゲスト出演し話題となる。Utae『toi toi toi』のプロデュース。コトリンゴ氏等に絶賛される。
現在は音楽学校での講師なども行っている。
https://www.nakamurahiroyuki.info/

 



 
Utae

ドリームポップシンドローム。作曲家、モデル、ラジオパーソナリティと活動の幅を広げている。2016年3月、ファーストEP「toi toi toi」を発売。同年、6月にEP「Night Walk」、シングル「チェンダソング」をデジタルリリース。また、エレクトロジャズユニット UN.aではゲストボーカルやMV制作で参加。2017年、クリエーター集団によるコンピレーション「ArtLism.jp vol.7」に参加。
http://purre-goohn.com/utae-2/

 



 
相壁琢人 (ahi.代表)

2015年より植物が未来へ繋がる可能性を提示するため、フラワーアーティスト・フラワーディレクションを開始。
フラワーアート・保存に特化した押し花制作・アートディレクション・企画・作品コラボレーションなど。

東京を拠点に既存する押し花に捉われず流通している植物を使用した制作活動と各地で植生している植物を採取し保存を目的とした制作活動を行っている。

 

注目記事

個展『無彩色の痛点』とは一体?フラワーアーティスト相壁琢人さんにインタビュー


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト ahi.相壁琢人 公式サイト
WEBサイト ahi.相壁琢人 Instagram
twitter https://twitter.com/ahi_takuto
facebook https://www.facebook.com/takutooooo/
この記事の画像


関連記事: