2017-03-11 22:00 Fuhito Kitahara

フラワーアーティスト・相壁琢人、個展『無彩色の痛点』を4月21日〜26日まで表参道ROCKETで開催。水中で朽ちていく押し花などを展示


フラワーアーティスト・相壁琢人が、個展『Pressed Flower Exhibition「無彩色の痛点」』を4月21日(金)〜4月26日(水)まで表参道ROCKETで開催することになった。

 
相壁琢人は、東京を拠点に、植生している植物を摂取し保存を目的とした制作活動を行っている注目のフラワーアーティスト。world’s end girlfriendのへの作品提供や、東京の繁華街を舞台にゲリラ展示『デラべっぴん、おちてたよ 』を開催するなど、活動の枠に囚われない表現を行なっている。

 
今回の個展は、「Paradise of Shadow」「渇花」に続き、彼が植物を作品にする際に大切にしている”人間と植物の関係性が平等であること”を意味する「Botanical Romance」を表現した映像作品を上映。また、「業からの解朴」をテーマに、水中で朽ちていく押し花作品と写真作品を展示、販売する。

 
4月21日(金)にはオープニングパーティーも決定。映像展示作品の音楽も担当した中村浩之がピアノ・インスタレーションを披露。DJにはUtaeが決定した。

 
会期中は無休で、入場無料。押し花、そして映像と写真で表現される植物の世界を体験してみてはいかがだろうか。

 

トレイラーも公開されたのでチェックしてみよう。


無彩色の痛点 / Pressed Flower Exhibition / trailer

 

オープニングパーティー

 
日程:2017年4月21日(金)
会場:表参道ROCKET
時間:19:00-21:00

 
出演(19:30-):
Piano Installation 中村浩之
DJ Utae

 
Piano installationでは会期中に上映される映像作品内の楽曲「無彩色の痛点」含む、展示コンセプトに沿った演奏になります。作品と合わせてお楽しみください。

 

 



 
相壁琢人 (ahi.代表)

2015年より植物が未来へ繋がる可能性を提示するため、フラワーアーティスト・フラワーディレクションを開始。
フラワーアートと保存に特化した押し花制作・アートディレクション・企画・作品コラボレーションなどを手がける。


インフォメーション

タイトル Pressed Flower Exhibition「無彩色の痛点」
開催日時 2017年4月21日(金)〜4月26日(水)
11:00~21:00

[オープニングパーティー]
4月21日(金)
19:00~21:00

※会期中無休
※4/23は20:00まで
※4/26は18:00まで
 
開催場所 表参道ROCKET
(東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館3F)
 
料金 入場無料
 
アクト Art Work / Director / Writer : 相壁 琢人
Photographer : 田中 生
Music : 中村 浩之
Movie Camera / Editor : 白井 絢香
連絡先
WEBサイト ahi.相壁琢人 公式サイト
WEBサイト ahi.相壁琢人 Instagram
twitter https://twitter.com/ahi_takuto
facebook https://www.facebook.com/takutooooo/
この記事の画像


関連記事: