2016-12-04 12:30

フェスまとめ(2017年1月〜3月)

fes2017-1-3


UROROSでニュースとして紹介させてもらった2017年1月〜3月に開催されるフェスをまとめました。

冬〜春はフェスの数がそんなに多くないイメージですが、それぞれ工夫を凝らしていてとても面白いです。ぜひ元記事を読んで、それぞれのフェスの公式サイトを見てみてください。きっと参加したいフェスが見つかると思います!

まだ記事数は少ないですが、今後もっともっと紹介していきます。

 
関連記事
2016年10月〜12月のフェスまとめ

 

 

1月開催のフェスティバル


HELLO INDIE 2016-top

 

HELLO INDIE 2016 さいたま(埼玉県)

 
日程:2017年1月14日(土)
会場:北浦和KYARA / 北浦和Ayers / ディスクユニオン北浦和店

料金:
前売り4,500円 / 当日5,000円
※未就学児童入場不可
※チケットは開催地区内全会場共通
※ドリンク代なし

 
出演:
[LIVE]
明星/Akeboshi/ avengers in sci-fi / WONK / DE DE MOUSE + his drummer / Tempalay / 成山剛(sleepy.ab) / HAPPY / 春ねむり / FINAL FRASH / ホテルニュートーキョー / mouse on the keys / Mirror Moves / LITE / Ryu Matsuyama / 呂布 / RIDDLE / ROTH BART BARON

[トーク]
松本誠治(FINAL FRASH/the telephones) / ピエール中野(凛として時雨) / DOTAMA
and more

[ DJ ]
タイラダイスケ(FREE THROW) / 松本誠治(We Come One) / BU$HI(PLEASURE SPACE)
and more

 
概要:
このフェスは、地方都市での開催にこだわるサーキットフェスティバルで、あらゆるジャンルで独自のスタイルを貫き音楽性を追求し続けるインディペンデントアーティストが多数出演します。今回で3年目の開催で、昨年までは仙台でのみ開催されてきたが、今年は一気に規模を拡大し、松本/広島/さいたまでも行われることになりました。
※仙台、松本、広島は、2016年12月開催です。

 
公式サイト:
http://helloindie.net/

 
最新記事はこちら:
1月14日開催の『HELLO INDIE 2016 さいたま』で、松本誠治、ピエール中野、DOTAMA参加のトークイベント開催決定。タイムテーブルも公開に

 
 

2月開催のフェスティバル


machioto2017

 

machioto2017(岡山県)

 
日程:2017年2月5日(日)
会場:岡山県岡山市
料金:前売り3,500円 / 当日4,500円(共に+ドリンク代)

 
出演:
アンテナ / the irony / ウソツキ / ENTHRALLS / 神はサイコロを振らない / QOOLAND / CRAZY VODKA TONIC / ココロオークション / 午前四時、朝焼けにツキ / Shout it out / 鶴 / ドラマストア / パノラマパナマタウン / ヒグチアイ / FIVE NEW OLD / The Floor / ペロペロしてやりたいわズ。 / ナードマグネット / 中村佳穂 / Morning Erections / ユビキタス / uniTONE / ライブキッズあるある中の人 / THEラブ人間 / アメノイロ。

 
概要:
このフェスは、岡山の野外フェス『hoshioto』が主催すサーキットフェスティバルで、今回で2年目の開催。「ライブハウスで出会う音楽」をテーマに岡山音楽の街に変えて盛り上げるべく、県内外から多種多様なアーティストが出演します。

 
公式サイト:
http://machioto.net/

 
最新記事はこちら:
岡山のサーキットフェス『machioto2017』最終発表で、中村佳穂 / 午前四時、朝焼けにツキ / ドラマストアが決定。タイムテーブルも発表に

 


湯会@東京天然温泉 古代の湯

 

湯会@東京天然温泉 古代の湯(東京都)

 
日程:2017年2月11日(土)
会場:東京天然温泉 古代の湯

料金:
参加費 4,000円(温泉入浴代込み)
小学生以下(0歳以上)1,300円

 
出演:
Negicco / アイドルネッサンス / 星野みちる/ フィロソフィーのダンス / FantaRhyme with ゆけむりDJs

[ DJ ]
ゆけむりDJs(DJ CARP / J.A.G.U.A.R. / トーニャハーディング / Nachu)

[湯あがりDISCO]
isseiujiie / DRAMATICBOYS / JIRo / onemorenight / JAZZ太郎 / MOCHO / 達磨 / コレ兄 / 牧場

 
概要:
このフェスは、温泉施設「東京天然温泉 古代の湯」の350畳の広さを誇る大宴会場にて開催されるもので、その広さは1,000人規模の大型ライブハウスに匹敵するそうです。温泉は露天風呂・桧風呂・サウナなど兼ね備えており、イベント中は何度でも入浴可能ですよ。

 
公式サイト:
http://onsen-ongaku.com/

 
最新記事はこちら:
2月11日開催の『湯会@東京天然温泉 古代の湯』最終発表で、アイドルネッサンス、FantaRhyme with ゆけむりDJs。サブフロアでは「湯あがりDISCO」も

 



 

豪雪JAM2017(新潟県)

 
日程:2017年2月19日(日)
会場:新潟県十日町市城ケ丘ピュアランド 雪上カーニバル会場

料金:
前売券4,000円 / 当日券4,500円
※高校生以下60歳以上無料
※十日町市民と津南町民は2,000円で入場可能(当日、身分証明書提示で)

 
出演:
三宅洋平 / YOUR SONG IS GOOD / SAIRU / SARATOGA / 切腹ピストルズ / 児玉奈央&Magical Echo Land / 大竹重寿、元晴、小泉P克人、小林洋太、中里たかし

 
概要:
このフェスティバルは、世界一の豪雪地帯といわれる新潟県十日町が舞台の真冬の野外フェスで、今年で10年目を迎えます。会場は「十日町雪まつり雪上カーニバル」の会場を利用して行われ、雪が積もる会場全体が自然の吸音材となり「音の抜け感」は最高とのことですよ。

 
公式サイト:
http://gosetsujam.com/

 
最新記事はこちら:
10周年を迎える唯一無二の雪上フェス『豪雪JAM2017』2月19日開催。三宅洋平、YOUR SONG IS GOOD、SAIRU、SARATOGAら出演

 



 

Magical Colors Night(石川県)

 
日程:2017年2月19日(日)
会場:金沢メロメロポッチ、Bambi

料金:
一般予約2,800円 / 一般当日3,300円
学生予約1,500円 / 学生当日2,000円

 
出演:
noid / +/- {PLUS/MINUS} / OLDE WORLDE / カネコアヤノ / Ryo Hamamoto / スーパーノア / イツキライカ / cassette tape echo / ゆーきゃん / DJ ten tote / natunatuna(似顔絵出店)

 
概要:
このイベントは、noidが石川・金沢にて精力的な開催しているシリーズイベントです。今回は、NYのトリオバンド+/- {PLUS/MINUS}の日本ツアーの一環としても開催されますよ。

 
公式サイト:
http://magicalcolorsnight.tumblr.com/

 
最新記事はこちら:
noid、2月19日開催の主催イベント『Magical Colors Night』のタイムテーブルを発表。2ndアルバムからnatunatuna制作のタイトル曲MVも公開

 



 

NEO ROCK FES(東京都)

 
日程:2017年2月28日(火)
会場:日本武道館

料金:
・プラチナアリーナチケット5,500円
・アリーナチケット4,500円
・プラチナバルコニーチケット4,000円
・バルコニーチケット3,000円

 
出演:
androp / OKAMOTO’S / 感覚ピエロ / SILENT SIREN / DJピエール中野(凛として時雨) / リーガルリリー / DJ SHOTA / DJ UTA

 
概要:
このフェスは、都心の広大な公園の中に設けられた複数のステージを行き来する次世代ロックフェスで、首都圏及び多種多様なバックグラウンドを持つ30校以上の大学から熱意を持った学生が集まる企画集団「AGESTOCK2016実行委員会」が主催しています。屋内はディスコのようになるとのことですよ。

 
公式サイト:
http://www.neorockfes.net/

 
最新記事はこちら:
学生たちが作る都会の次世代フェス『NEO ROCK FES』2月28日に日本武道館で開催

 
 

3月開催のフェスティバル


肘折国際音楽祭

 

肘折国際音楽祭 2017(山形県)

 
日程:2017年3月4日(土)・5日(日)
会場:山形県最上郡大蔵村 肘折温泉 肘折いでゆ館 ゆきんこホール

料金:
1日入場券6,800円
2日間入場券10,800円
1日入場券+1泊(土)朝食付 13,000円
2日間入場券+1泊(土)朝食付 16,500円
2日間入場券+2泊(土・日)朝食付 22,200円
※未就学児童無料

 
出演:
[3月4日(土)]
Eric Chenaux(France) / 友部正人 / 曽我部恵一 / 湯川潮音 / 長谷川健一 / KUDANZ

[3月5日(日)]
Ryan Driver(Canada) / outside yoshino / ランテルナムジカ / 寺尾紗穂 / ROTH BART BARON / jan and naomi

 
概要:
このフェスは、3m以上の雪が積もるという豪雪地帯の温泉街を舞台に、自然や風土、ふれあい、食文化、温泉や観光を音楽と融合させることを目指して始められました。今回で2回目の開催となります。全来場者には、肘折温泉日帰り入浴パス、山形食材料理、イベントトートバッグが無料で提供されますよ。

 
公式サイト:
http://hijiori-music.com/

 
最新記事はこちら:
豪雪の温泉街が舞台!『肘折国際音楽祭 2017』タイムテーブルを公開。来場者全員に振舞われる山形食材料理のメニューも発表

 



 

OTO TO TABI 2017(北海道)

 
日程:2017年3月11日(土)
会場:北海道・札幌芸術の森アートホール

料金:
前売券6,500円 / 当日券7,500円
※2016年12月24日より販売開始

 
出演:
[SNOW VOYAGE]
サニーデイ・サービス / WONK / Awesome City Club / 七尾旅人 / chikyunokiki

[KAMAKURA STAGE]
Chima / 長岡亮介(ペトロールズ) / beat sunset(GUEST:松竹谷清) / Predawn / MOROHA / 祭太郎

[AURORA GARDEN]
勝井祐二×ナカコー / The Cynical Store / seiho / TAMTAM(mini set) / Nyantora / NOT WONK / PARKGOLF

[さすらいステージ]
BENBE / DJ ROCK’IN’JECTION

[ゆきんこステージ]
成山剛(sleepy.ab)

and more

 
概要:
このフェスは、「北海道の冬に音楽フェスを」との想いから、音楽好きの有志が集まって2011年にスタートした手作りの音楽イベントです。札幌芸術の森での開催は前回に続き2度目で、札幌の郊外に位置する幻想的な野外ステージが設けれれます。音楽以外でも参加型ワークショップなどが行われ、北海道の冬の魅力を打ち出した内容となりますよ。

 
公式サイト:
http://otototabi.com/

 
最新記事はこちら:
3月11日開催の『OTO TO TABI 2017』第2弾発表で、勝井祐二×ナカコー、MOROHA、長岡亮介、成山剛、Chimaら14組

 



 

え~じゃないか(茨城県)

 
日程:2017年3月18日(土)
会場:水戸ライトハウス / 水戸ソニック / 参丁目劇場

料金:
一般4,000円
茨城券3,500円
高校生券1,500円 (要学生証)

 
出演:
モーモールルギャバン / DE DE MOUSE / MASS OF THE FERMENTING DREGS / Gi Gi Giraffe / 黒猫チェルシー / rega / チーナ / Helsinki Lambda Club / オワリカラ / ぱいぱいでか美 / クリトリック・リス / ミソッカス / The Floor / ニガミ17才 / MARQUEE BEACH CLUB / MONO NO AWARE / かみぬまゆうたろう / しまだあすか / 川嶋志乃舞 / 笹口騒音ハーモニカ / magenta / DJ HAGA / キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / スーパーアイラブユー / club’89 / DJ yusk / DJ minisky

 
概要:
このイベントは、茨城県水戸市の街中で開催されるサーキットフェス。GFB(つくばロックフェス)やBEAT BURNを主催するロケットダッシュレコードによって2013年にスタート、今回で5回目の開催です。今回の会場は、水戸ライトハウス、水戸ソニック、参丁目劇場の3箇所が決定しました。

 
公式サイト:
http://goosefreshbeat.web.fc2.com/

 
最新記事はこちら:
3月18日開催の水戸の周遊イベント『え~じゃないか』タイムテーブルを公開。大トリはMARQUEE BEACH CLUB

 


結いのおと_2017

 

結いのおと-YUINOTE-(茨城県)

 
日程:2017年3月18日(土)・19日(日)
会場:茨城県結城市北部市街地

料金:
前売2日券10,000円 / 前売1日券5,500円
当日2日券11,000円 / 前売1日券6,000円
※前売券は数量限定
※当日券の販売は前売が売れ残った場合のみ

 
出演:
[3月18日(土)]
P.O.P / BASI & THE BASIC BAND / キセル / おおはた雄一&優河 / 児玉奈央 / 仮谷せいら / ORLAND / THE BOYS&GIRLS / DENIMS

 
[3月19日(日)]
蔡忠浩(bonobos) / JOHNSONS MOTORCAR / LUCKY TAPES / 鎮座DOPENESS / TOKYO HEALTH CLUB / Kan Sano / 切腹ピストルズ / 坂本美雨 with cantus / 宮本貴奈 wthi specialguest shanti

 
概要:
このフェスは、歴史的な街並みがいまも色濃く残る茨城県結城市北部市街地を舞台に、老舗の紬問屋や人気のカフェなど魅力的な建物・空間でコンサートが行われます。今回は2日間にわたり、東西エリアでの日替り開催が決定しました。フードエリア・ショップエリアは入場無料です。

 
公式サイト:
http://yuinote.jp/

 
最新記事はこちら:
3月18日・19日に茨城県結城市で開催の街なか音楽祭『結いのおと-YUINOTE-』、アフターパーティーの開催が決定

 



 

TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2017(東京都)

 
日程:2017年3月18日(土)・19日(日)
会場:東京都江東区青海臨時駐車場P区画

料金:
1日券前売700円/当日1,000円
当日中高生券500円

 
出演:
[3/18]
toconoma / 加賀谷はつみ

[3/19]
RIDDIMATES / Still Caravan / ヒロシ

 
概要:
このイベントは、アウトドアブランドの世界観、コンセプト、技術をダイレクトに感じてもらおうと開催されるもので、実際にアウトドアグッズに触れたり使用したりすることができるタッチ&トライエリアや、アウトドアなアクティビティやワークショップが用意されます。スペシャルライブも開催され、美味しいフード、買い物も楽しむことができますよ。

 
公式サイト:
http://www.tokyooutdoorshow.jp/

 
最新記事はこちら:
TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2017に、toconoma、加賀谷はつみ、RIDDIMATES、Still Caravan、ヒロシら出演

 



 

西荻ラバーズフェス(東京都)

 
日程:2017年3月18日・19日(日)
会場:東京・杉並区 桃井原っぱ公園
料金:入場無料

 
出演:
outside yoshino / 井手健介と母船 / カーネーション / sugar me / 湯川潮音
and more

 
概要:
このフェスは、「西荻であいましょう」をテーマに、西荻を愛する人々が世代をこえて桃井原っぱ公園に集まり、交流できることを目指して2016年にスタートしました。初年度は、音楽、アート、ブック、食など、西荻の幅広い魅力を集め、2万1千人が来場しています。

 
公式サイト:
http://nishiogi-lovers.com/

 
最新記事はこちら:
西荻であいましょう!『西荻ラバーズフェス』3月19日開催。outside yoshino、井手健介と母船、カーネーション、sugar me、湯川潮音の出演が決定

 
 

関連イベント



 

FESTIVAL NITE(東京都)

 
日程:2017年1月21日(土)
会場:渋谷TSUTAYA O-nest

料金:
前売券2,500円 / 当日券3,000円

 
出演:
幾何学模様 / Tempalay / PAELLAS / テンテンコ / dutch from yahyel / 5to(Festival Life) / U ngsm(SWIMS) / Hosaka×Nojima(Spincoaster) / saskiatokyo-DJ set- / 荘子 it(Dos Monos) / Stupid Kozo

 
音楽フェスシーンが活況を迎え、様々なアーティストがグローバルな活躍をみせる中、日本と海外のフェスシーンをより近づけることを目的に「海外フェスで活躍するアーティスト」「今後世界で活躍する日本人アーティスト」を迎えて開催されます。

海外フェス情報サイト「Festival Junkie」と国内フェス情報サイト「Festival Life」がタッグを組んだイベントですよ。

 
公式サイト:
http://www.festival-life.com/festival-nite/

 
最新記事はこちら:
明日(1/21)開催の『FESTIVAL NITE vol.1』最終ラインナップとタイムテーブルを発表。主宰の津田昌太朗氏直撃インタビューも

 

関連ニュース

現代の祝祭をめぐる個人と共同体のパラドキシカルな関係を問う!永井純一著『ロックフェスの社会学』刊行




タグ:

関連記事: