2018-02-08 20:00 Fuhito Kitahara

相壁琢人と田中生による「ahi.」、写真作品展『蜜食花』2月10日から中目黒FRAMESで開催。命を繋げる「蜜」がテーマ


相壁琢人と田中生により「ahi.」が、写真作品展『蜜食花』を2月10日(土)〜25日(日)まで中目黒FRAMESで行うことになった。

 
ahi.は、東京を拠点に、植生している植物を摂取し保存を目的とした制作活動を行っているフラワーアートチーム。ギャラリーなどでの作品展の他、路上や海岸などでゲリラ展示も行うなど活発な活動を行なっている。

相壁琢人は、world’s end girlfriendによる恵比寿LIQUIDROOM公演のフラワーアートを手がけたことでも話題となった。

 
今回の展示は、「花蜜食」をテーマに、花や果実の生命を欲望のままに奪うのではなく、ポリネーターの様に生命を繋げる「蜜」を運び共進化していく関係性を表現するとのこと。

 
会場内には364mm×515mmの写真12作品、420mm×594mmの写真3作品が展示される。

 
花や果実の甘い香りに誘われてみてはいかがだろうか。

 

展示写真 一例

photo by 田中生

 

 

 



 
相壁琢人

2015年より植物が未来へ繋がる可能性を提示するため、フラワーアーティスト・フラワーディレク
ションを開始。フラワーアート・保存に特化した押し花制作・アートディレクション・企画・作品コラボレーションなど。
東京を拠点に既存する押し花に捉われず流通している植物を使用した制作活動と各地で植生している植物を採取し保存を目的とした制作活動を行っている。
2017年4月には表参道ROCKETにて3回目の個展「無彩色の痛点」を開催。5月にも同ギャラリーで開催された「see bag, buy bag」に参加。6月は中目黒FRAMESにて「雨」をテーマとした写真展。
7月にはキースへリング美術館で行われたファッションショーのオブジェ装花を行なった。また繁華街や海岸を会場にしたゲリラ展示や、植物に音楽を聴かせる実験など精力的に活動している。

 



 
田中 生

カメラマン。新潟県出身。文化服装学院卒業後、都内スタジオ勤務を経てgaku氏に師事。2013年よりフリーランスとして独立。主に商品撮影を中心に雑誌、広告で活躍中。対象がもつ本来の輪郭を切り取る撮影を得意としている。

 

注目記事

シューゲイズバンド・Auxin、7年ぶりにステージに立つ。閉鎖が決まっている新宿JAMで最初で最後の復活ライブ


インフォメーション

タイトル 蜜食花
 
開催日時 2018年2月10日(土) - 2月25日(日)

[営業時間]
日~木曜
OPEN 11:30~CLOSE 27:00
ランチタイム 11:30~15:30
ブランチタイム 15:45~18:00
ディナータイム 18:00~27:00(L.O. 26:00)

金・土・祝前日
OPEN 11:30~CLOSE 29:00
ランチタイム 11:30~15:30
ブランチタイム 15:45~18:00
ディナータイム 18:00~29:00(L.O. 28:00)
 
開催場所 中目黒FRAMES
(東京都目黒区上目黒1-18-6 NMビル1階)
 
料金
アクト
連絡先
WEBサイト ahi. 相壁琢人 公式サイト
WEBサイト ahi. 相壁琢人 Instagram
twitter https://twitter.com/ahi_takuto
facebook https://www.facebook.com/takutooooo/
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: