2019-01-08 21:00 Fuhito Kitahara

Alternative Tokyo、渋谷WWW&WWW Xで4回目の開催が決定。第1弾発表で、活躍中、蓮沼執太フィル、トリプルファイヤー、イ・ラン、カネコアヤノ


Alternative Tokyoが、3月16日(土)に渋谷WWW、WWWXで開催されることになった。

 
このイベントは、商業的な音楽や方法論的な流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的な音楽を中心に、ART展示やトークセッションなどを通じてそれぞれのコンテンツを紹介していくことを理想とし実践していくイベント。

4回目となる今回は、新木場から渋谷に会場を移して開催する。

 
音楽部門の第1弾アーティストとして、近田春夫率いるバンド「活躍中」、蓮沼執太フィル、トリプルファイヤー、イ・ラン、カネコアヤノ(バンド編成)の出演が発表された。

 



 
活躍中(近田春夫+恒田義見+高木英一)

2017年、ハルヲフォンのメンバーだった近田春夫(Key,Vo)、恒田義見(Dr,Vo)、高木英一(B,Vo)の3人で結成。ドラム、ベース、キーボード(ハモンド)というミニマルな編成でグルーヴを追求した最新型のロックンロールバンド。

 



 
蓮沼執太フィル


蓮沼執太がコンダクトする、総勢16名が奏でる現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ。5人編成の蓮沼執太チームを母体として2010年に結成され、これまでに、ラフォーレミュージアム原宿、WWW、WWW X、リキッドルームなどのライブハウスから、東京都現代美術館、東京オペラシティ・リサイタルホール、大阪国立国際美術館、愛知芸術文化センターなどで演奏の機会を重ねてきた。
2014年1月にファーストアルバム『時が奏でる』(SPACE SHOWE MUSIC)をリリース。同年、札幌、福島、名古屋、京都、広島、高松にてリリースツアー。2016年2月にスパイラルホール2daysを実施、2017年1月に草月ホールにて単独公演を実施。
2018年7月18日にセカンドアルバム『アントロポセン』(日本コロムビア)をリリース。すみだトリフォニーホールでのアルバム発売記念公演「フルフォニー」を皮切りに、名古屋デザインホール、大阪千日前ユニバース、福岡MUSIC CITY TENJINにてツアーを敢行。



蓮沼執太(conduct, compose, keyboards, vocal) | 石塚周太(Bass, Guitar) | イトケン(Drums, Synthesizer) | 大谷能生(Saxophone) | 葛西敏彦(PA) | 木下美紗都(Chorus) | K-Ta(Marimba) | 小林うてな(Steelpan) | ゴンドウトモヒコ(Euphonium) | 斉藤亮輔(Guitar) | Jimanica(Drums) | 環ROY(Rap) | 千葉広樹(Violin, Bass) | 手島絵里子(Viola) | 宮地夏海(Flute) | 三浦千明(Flugelhorn, Glockenspiel)



https://www.hasunumaphil.com

 



 
トリプルファイヤー

吉田 靖直(vocal)
鳥居 真道(guitar)
山本 慶幸(bass)
大垣 翔(drums)

2006年結成、2010年に現在の編成となる。
「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいた。
ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。
メンバーはみな性格が良く、友達が多い。
http://triplefirefirefire.tumblr.com

 



 
イ・ラン(이랑)

韓国ソウル生まれのマルチ・アーティスト。シンガー・ソングライター、映像作家、コミック作家、イラストレーター、エッセイストと活動は多岐にわたる。16 歳よりイラストレーター、漫画家としてキャリアを開始。その後、大学で映画の演出を専攻し、2006年に音楽活動をスタート。日記代わりに録りためた自作曲が話題となり、2011年にシングル「よく知らないくせに」でデビュー。翌夏にファースト・アルバム『ヨンヨンスン』を、2016年には自身が主催したイベント『新曲の部屋』コンピレーションと、翌2017 年の第14 回韓国大衆音楽賞最優秀フォーク楽曲賞を受賞したセカンド・アルバム『神様ごっこ』をリリースして大きな注目を浴びる。2016年には柴田聡子と「イ・ランと柴田聡子のランナウェイ・ツアー」を成功させ(今後ふたりの共作リリースも予定)、2018年のジャパン・ツアーも全4都市5公演をすべてソールドアウト。その発言や一挙手一投足がセンセーションを呼んでいる。

 



 
カネコアヤノ

弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。
2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表、その後、続々と新作をリリースする。2016年12月発表のEP『さよーならあなた』、2017年4月発表のEP『ひかれあい』では新たなメンバーと大胆なバンドサウンドを展開し注目を集める。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』を発表。2018年4月に新作アルバム『祝祭』をリリースした。
http://kanekoayano.net/


インフォメーション

タイトル Alternative Tokyo
 
開催日時 2019年3月16日(土)
OPEN 13:00 / START14:00
 
開催場所 渋谷WWW、WWWX
(東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル)
 
料金 6,500円(税込/1ドリンク別/オールスタンディング)
※未就学時入場不可となります。また、当公演はフェスティバル形式となりますので出演者変更による払い戻しはいたしません

[オフィシャル先行(特製ステッカー付)]
1月25日23:59まで
http://eplus.jp/alternativetokyo/

[クリエイティブマン3A・モバイル先行]
1月14日23:59まで

[一般発売]
1月26日から
e+ / ぴあ(P:71783) / ローソンチケット
 
アクト 活躍中(近田春夫+恒田義見+高木英一)
蓮沼執太フィル
トリプルファイヤー
イ・ラン
カネコアヤノ
and more

[主催/企画/制作]
CREATIVEMAN PRODUCTIONS / WWW
 
連絡先 CREATIVEMAN PRODUCTIONS tel.03-3499-6669
WEBサイト Alternative Tokyo 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/Alternativetoky
facebook https://www.facebook.com/AlternativetokyoCMP/
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: