2018-06-01 18:00 Fuhito Kitahara

ミチノヒ、2ndアルバム『but to do』7月18日に発売決定。古き良きフォークを彷彿とさせつつも前作を凌ぐ意欲作に。ジャケ画は奈良美智が担当


ミチノヒが、2ndアルバム『but to do』を7月18日(水)にリリースすることになった。

 
彼女たちは、古宮夏希(Vo・Gt)、鈴木亜沙美(Dr)、遊佐春菜(Key)からなる東京を拠点に活動する女性3ピースロックバンド。2016年には、1stアルバム『この情けなさを最後に』を発表している。

 
今作は、6月27日(水)に先行リリースされる両A面7インチ『青い空 / 夕暮れ』を含む、ライブではお馴染みの10曲に加え、古宮夏希の弾き語りも収録。

 
金延幸子や吉田拓郎、友部正人といった古き良き日本のフォークミュージックを彷彿とさせつつ、サニーデイ・サービスや初期くるり、ゆらゆら帝国やアナログフィッシュを引き合いに出せる3ピースならではの緊張感やミニマムなアレンジで、前作を凌ぐ意欲作に仕上がっている。

 
ジャケットアートは、美術作家・奈良美智氏による描き下ろし。展示でのセレクトBGM(「村上隆のスーパーフラット・コレクション」@横浜美術館)、パーソナリティを務めるラジオ「親父ロック部」でのオンエアーなど、以前より寄せられていた古宮夏希の作る音楽へのラブコール、互いのリスペクトから、今回のジャケット画が実現したとのことだ。

 
アートディレクションには山本精一やLovejoyのデザインを手がけるyamasin氏(g)を起用。レコーディング・ミックスは馬場友美氏、マスタリングには中村宗一郎氏(PEACE MUSIC)と、前作同様鉄壁の布陣が集結した。

 
また、9月4日(火)には秋葉原CLUB GOODMANでニューアルバム『but to do」発売記念ライブの開催も決定。詳細は後日発表となる。わかり次第またお伝えしたい。

 
なお、6月25日(月)には渋谷7th FLOORで7インチ『青い空 / 夕暮れ』発売記念ライブの開催が決まっている。

 
 

 
ミチノヒ『but to do』

発売:2018年7月18日(水)
価格:2,300円+税
品番:SORACHI-20
レーベル:SORACHI RECORDS

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

収録曲:
1. 夕暮れ
2. 河川敷にて
3. 泡
4. 窓の外の光と闇
5. 今になって きみを好きになって
6. 満月
7. 冬空
8. きみの前に
9. 何もかもが
10. こころ
11. 青い空

 

 
ミチノヒ『青い空/夕暮れ』

発売:2018年6月27日(水)

価格:1,500円+税

品番:NRSP-748(SORACHI-19)
©︎2018 NARISU RECORDS / SORACHI RECORDS

収録曲:

A. 青い空

B. 夕暮れ

 


7インチシングル『青い空 / 夕暮れ』trailer

 

ミチノヒのひ×××7th FLOOR~ミチノヒ「青い空/夕暮れ」7インチ発売記念ライブ&和久井幸一映像上映会~

日程:2018年6月25日(月)
時間:SHIBUYA 7th FLOOR
時間:開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売2,300円 / 当日2,500円(共にドリンク代別)

出演:
ミチノヒ
松井文 trio(Bs 種石幸也、As,Acc ハラナツコ)
真黒毛ぼっくす
和久井幸一による出演者映像上映

 
[7th FLOORメール予約]
6月24日まで
nanakaiyoyaku+0625@gmail.com
件名に公演名、本文にお名前(フリガナ)、予約人数をご記入ください。ご予約の確認がとれましたら返信いたします。

 
==================
 

「but to do」発売記念ライブ

日程:2018年9月4日(火)
会場:秋葉原CLUB GOODMAN
詳細未定

 



 
ミチノヒ

2014年に東京で結成された女性3ピース(Vo.・Gt.、Dr.、Key.)ロックバンド。文学的な歌詞をブルージーに歌うボーカル、エレキベースレスの楽器編成から生まれる独特な楽曲アレンジが特徴で、独自のフォークロックスタイルを提案し続けている。2016年に1stアルバム『この情けなさを最後に』を発表。2018年7月にリリースする2ndアルバム『but to do』に先駆け、なりすレコードより7インチシングルをリリースする。

 

古宮夏希(歌、ギター)

15才から地元札幌で音楽活動を始める。活動拠点を東京に移し、古宮夏希&コークスが燃えている!を結成、4枚のアルバムを残し2014年解散。同年、古宮夏希&そのさきのむこうを結成。1stアルバムの発表を機にバンド名をミチノヒと改める。シンガーソングライターでありながら、真黒毛ぼっくす、僕のレテパシーズなどのバンドへの加入経験も持つ。

 

鈴木亜沙美(ドラム、コーラス)

2002年地元札幌のバンド:Addictionに加入したことから、ミュージシャンとしての活動をスタート。宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)、平井正也(マーガレットズロース)らのライブサポートなどを経て、2012年拠点を東京へと移す。2014年には古宮夏希とミチノヒ(旧名:古宮夏希&そのさきのむこう)を結成、始動。他活動は、僕のレテパシーズ(~2017年)、平井正也BANDなど。

 

遊佐春菜(鍵盤、コーラス)

2007年壊れかけのテープレコーダーズにオルガンとボーカルで参加、音楽活動のキャリアをスタートする。翌年、古宮夏希&コークスが燃えている!への参加を皮切りに、様々なバンドのライブやレコーディングに参加。2015年には住所不定無職のザ・ゾンビーズ子プロデュースによるソロアルバムを発売。現在は壊れかけのテープレコーダーズ、ミチノヒでの活動のほかHave a Nice Day!、橋本孝志(theMADRAS、ex.THE CHEWINGGUM WEEKEND)とのDUOなど、世代を超えて縦横無尽に活動中。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト ミチノヒ 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/sorachi_records
facebook
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: