2018-10-14 12:00 Fuhito Kitahara

西宮灰鼠、東京・経堂にコーヒーとカレーライスの喫茶店「喫茶PONY」をオープン。絵本に囲まれたこだわりのお店


西宮灰鼠が、東京・経堂にコーヒーとカレーライスの喫茶店「喫茶PONY」をオープンさせた。

 
西宮灰鼠(ex.灰緑、ねずみバンド)は東京を中心に活動するシンガーソングライターで、画家としても活動。

 
喫茶PONYはそんな西宮の世界が表現された喫茶店で、壁には自身の絵画が描かれ、店内のこだわり抜いた絵本や古本は自由に読むことができる。いずれは本の販売も行うとのこと。

 
フードメニューはカレー2種類とタコライスの計3点(2018年10月7日現在)。「焼き野菜のポークカレー」は一度蒸してから焼き上げる野菜をトッピング。「ドライキーマカレー」はスパイシー&フルーティーで辛さをお好みで調節可能。カレーにはサラダが付いてきて、PONYの自家製ドレッシングが美味しい。「和風タコライス」は、ごま、ねぎ、山椒、レモンで爽やかな美味しさ(付け合わせのかぼちゃの冷製スープも絶品!)。

 
ドリンクはコーヒーはもちろんのこと、自家製ジンジャエールもぜひ試してみてほしい。スイーツはチーズケーキが評判で、日替わりケーキも用意されている。

 
営業時間は11:30~18:30(火曜定休)で、小田急線経堂駅徒歩4分、世田谷線宮の坂駅から10分ほど。周りにはコインパーキングも多いので車で行っても安心だ。不定休もあるので、twitterや電話(03-6413-0672)で事前に確認してから向かおう。

 
友達や恋人とお喋りするのもよし、絵本や古本を読み耽るもよしで、落ち着いた空間と美味しいメーニューでリラックスした時間が過ごせるだろう。

 
 


和風タコライス たっぷりチーズで、ごま、ねぎ、山椒、レモンが効いた絶品。かぼちゃの冷製スープ付きが嬉しい

 


ドライキーマカレー(大盛り) PONYのカレーは辛さを自分で調節することができる。自家製ドレッシングのサラダがセット

 


コーヒーキャラメルパウンドケーキ。ケーキは日替わりです

 


自家製クリームジンジャーエール アイスクリームを浮かべた生姜感たっぷりのジンジャーエール。生姜の辛味とアイスの甘みのバランスがナイス

 


小田急線経堂駅から徒歩4分。ピンクの壁が目印の木原ビルの2階です

 


この看板を見つけたら階段で2階に上がろう

 


店主・西宮灰鼠さんが描いた店内の壁の絵

 



 

コーヒーとカレーライスの喫茶店・喫茶PONY

 
営業時間:
11:30~18:30(火曜定休)
※不定休あり、事前にTwitterか電話で確認を

 
住所:
東京都世田谷区経堂1-6-10 木原ビル 2階
Google Mapで開く

小田急線経堂駅徒歩4分
世田谷線宮の坂駅徒歩10分

 
電話:
03-6413-0672

 
経堂駅からの行き方:
駅を出て南側、農大通り商店街を4分ほど
ピンク色の木原ビルの2階。入口はFRESHNESS BURGERさんの向かいの階段。
ポニーに乗った少年の看板が目印

 
リンク:
喫茶PONY 公式サイト
Instagram
Twitter
facebook


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト 西宮灰鼠 公式サイト
WEBサイト 喫茶PONY 公式サイト
twitter https://twitter.com/_hainezumi
facebook
この記事の画像

タグ: /

関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: