2018-07-19 19:00 Fuhito Kitahara

Steady Holiday、ニューアルバム『Nobody’s Watching』9月12日発売決定。幽玄な世界観をさらに深化させた作品が完成


Steady Holidayが、ニューアルバム『Nobody’s Watching』を9月12日(水)にリリースすることになった。

 
彼女は昨年のBabaganoujとの初来日ツアーでもその歌声と唯一無二の世界観で多くのファンを魅了した、アメリカはロサンゼルスを拠点に活動するDre Babinskiによるソロプロジェクト。

 
今作は、白昼夢の中で鳴らされる気だるくも心地良い彼女のシルキーボイスと、サイケデリックで幽玄なサウンドが、音楽メディアをして「まるで、デヴィッド・リンチの映画のよう」と言わせる作品で、プロデュースもはNorah Jones、Adele、Beckなどのレコーディングや、Roger Waters(Pink Floyd)のツアーに参加するGus Seyffert氏が担当。彼女の世界観をさらに引き出したアルバムが完成した。

 
また、今回の日本盤にはボーナストラックを追加収録し、歌詞カードなどのアートワークをグラミー賞歌手KESHAのビデオを手がけるクリエイターIsaac Ravishankara氏がデザインしている。

 
アルバムから、同じくIsaac Ravishankara氏がディレクションした「Who’s Gonna Stop Us」のミュージックビデオも公開された。Steady Holidayのサイケデリックな楽曲と相まって、シネマティックな作品となっているのでチェックしてみよう。

 
 


Steady Holiday – “Who’s Gonna Stop Us”

 
 

 
Steady Holiday『Nobody’s Watching』(日本盤)

発売:2018年9月12日(水)
価格:2,300円(税抜)
品番:TSSO-1041
レーベル:2670records
仕様:CD(歌詞カード付属)/ 日本盤のみボーナストラック1曲収録

Amazonでみる

収録曲:
1. Flying Colors
2. Mothers
3. Who’s Gonna Stop Us
4. Nobody’s Watching
5. All Aboard
6. Love and Pressure
7. Eastern Comfort
8. Trapping Season
9. Exit Song
10. Desperate Times
11. Nobody’s Watching (Demo)
※M-11は日本盤のみのボーナストラック

 



 
Steady Holiday

ロサンゼルスを拠点に活動する、Dre Babinskiによるソロプロジェクト「Steady Holiday」。10歳の頃からバイオリニストとしてオーケストラに参加、十代での様々なバンド活動を経た後、ソロ作品をオンラインで発表。そのサイケデリックで幽玄なサウンドと甘いシルキーボイスは独特なシネマティックな世界観を作り上げ、昨年、世界屈指の音楽フェス、コーチェラに、主催者からのオファーによって出演を果たし、音楽メディアからの注目も一気に集める。
その後、Norah Jones、Adele、Beckなどのレコーディングに参加するGus Seyffertのプロデュースで、ソロアルバム「Under the Influence」、続いてEP「TERROR」をリリース。世界的ブレイクを果たした“MITSKI”、” Clap Your Hands Say Yeah”とのリリースツアーを経て、昨年、日本デビューし、BabaganoujとのWジャパンツアーで初来日も果たし、そのシルキーボイスと唯一無二の世界観で多くのファンを魅了した。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト Steady Holiday 公式サイト
WEBサイト Steady Holiday Instagram
twitter https://twitter.com/steadyholiday
facebook https://www.facebook.com/steadyholiday
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: