2017-09-20 18:00 Fuhito Kitahara

THIS IS JAPANが仕掛けるオルタナティブコンピ『NOT FORMAL 〜NEW ALTERNATIVE〜』11月22日に発売決定。次世代を担うアーティスト18組が集結


THIS IS JAPANによるオルタナティブコンピレーションCD『NOT FORMAL 〜NEW ALTERNATIVE〜』が、11月22日(水)にリリースされることになった。

 
彼らは2011年に結成された、ツインボーカル、ツインギターバンド。昨年12月にはキャリア初のワンマンを新宿Motionで開催し、今年は「CONNECT歌舞伎町」「shimokitazawa SOUNDCRUSING2017」など大型サーキットフェスに出演している。

 
今作は、ディスクユニオンのオルタナティブ新レーベル「Kerosene」からのリリース。

参加バンドは、「愛はズボーン」「CAR10」「午前3時と退屈」「The Taupe」「THE TOMBOYS」「SEVENTEEN AGAiN」「w.o.d.」「CHAI」「THIS IS JAPAN」「Teenager Kick Ass」「突然少年」「ナードマグネット」「ニトロデイ」「BALLOND’OR」「ハンブレッダーズ」「羊文学」「FINLANDS」「余命百年」という次世代を担うアーティスト計18組が集結した。

 
オルタナティブとは、“既存のものと取ってかわる新しいも”のという意味があるが、2010年代のカウンターカルチャーを示唆する注目の1枚が完成した。

 
 

 
V.A.『NOT FORMAL 〜NEW ALTERNATIVE〜』

発売日:2017年11月22日(水)
価格:1,500円+税
品番:KRSE2
発売元&販売元:(株)ディスクユニオン

Amazonで予約

参加アーティスト(五十音順):
愛はズボーン
CAR10
午前3時と退屈
The Taupe
THE TOMBOYS
SEVENTEEN AGAiN
w.o.d.
8.CHAI
THIS IS JAPAN
Teenager Kick Ass
突然少年
ナードマグネット
ニトロデイ
BALLOND’OR
ハンブレッダーズ
羊文学
FINLANDS
余命百年

 



 
愛はズボーン

2011年7月、富永遼右(Dr) 金城昌秀(Gt/Vo) GIMA☆KENTA(Vo/Gt) 白井達也(Ba)(L→R)の不動の4人で結成。バンド名は「日本人にしか付ける事の出来ない名前」をテーマに命名。語感は英語「I was born」。
2015年2月、初の全国流通盤1st mini ALBUM「IWZBN」をリリース。
2016年2月、2nd miniALBUM「MAGMAそれは太陽のデジャヴュ」発売。哲学的な歌詞をポップに昇華したリード曲「MAJIMEチャンネル」はMVと共に各地で話題に。同2月フロントマンである金城昌秀とGIMA☆KENTAに岡崎体育を加えたヒップホップユニット「いざゆかんとす」結成。YouTubeのみでMVを発表するという遊び心のある活動を展開。2016年9月には初のワンマン(心斎橋Pangea)を見事ソールドアウト。11月大阪アメリカ村一帯を使った自主企画「アメ村天国」開催。12月FM802主催「RADIO CRAZY」初出演。
2017年4月2nd Single「ゆ~らめりか」を発売。バンドの新しい音楽性を示す。7月には初の台湾ツアー、BAYCAMP KOBE、グッドモーニングアメリカ主催「凌ぎ合う」に出演。8月には関西を代表する野外フェス「RUSH BALL 2017」に出演。11月3日のレコードの日に初のアナログ作品である7インチシングルをOTOTOYと東洋化成コラボレーベル”TOYOTOY”から発売決定。そして11月15日には待望のファーストアルバムの発売が決定している。
http://iwasborn.yangotonaki.com/

 



 
CAR10

現在も足利を拠点として活動する25、26歳3人組。
2008年地元群馬県の小中学校の友人同士で結成。高校生時分から隣県である栃木県の足利市を中心に精力的に活動開始、数々のデモ、スプリット、コンピレーションに参加。
https://www.car10japan.com/

 



 
午前3時と退屈

2013年6月23日 東京都立川市にて午前3時と退屈結成。
結成1年で高校生限定Liveイベント「スクールズアウト2014」で優勝。
2016年5月にはカナダツアー「Next Music From Tokyo Vol.8」に参加。
メンバーチェンジを経て2016年12月6日にはミニアルバム「成年の死生観」発売。下北沢SOUND CRUISING×タワーレコード渋谷店の共同企画『タワクル』に選出されタワーレコード渋谷店でも発売。5週連続で2位を獲得。
2017年には大型ライブサーキットイベント「SAKAE SP-RING 2017」や「TOKYO CALLING 2017」に出演。
同年10月にはシングル「海を見ている」をリリース。リリースツアーとして2回目のカナダツアー「Next Music From Tokyo Vol.11」への参加や初の国内ツアーとなる「海を見ている」を東名阪で開催。
平均年齢21歳にして国内、海外で活動をするロックバンド。
https://am3andtikt1.jimdo.com

 



 
The Taupe

自らをバンドではなく妖怪と称す東京の男女 4 人組オルタナティヴ集団。
ソリッドかつダイナミックな オルタナ感をベースに、ノイズ、ポストロック、ニューウェイブ等、変幻自在に唯一無比の世界観を炸裂。
FUJI ROCK FESTIVAL’16 ROOKIE A GO-GO 出演 !! 
http://rcrnq890.wixsite.com/taupe

 



 
THE TOMBOYS

中学、高校と青春時代を共に過ごした同級生で結成した、メンバー全員 19歳の”ハッピーロックンロールバンド” ザ50回転ズのコピーバンドを結成した流れから、エレファントカシマシ、 ザ50回転ズ等に影響を受けた、Vo.Gtタバタヒナを中心にオリジナル楽曲 を作成。 高校生時代に1枚シングルをリリースし、大学生になった2015年8月に 初の1st mini album「in my mind」をリリース。 ザ50回転ズのO.Aに抜擢されるなど、国内の活動を経て2016年3月、 中学時代にメンバー全員ニュージランドへの留学経験もあってか 躊躇なく渡英。レコーディング、UK初ライブをロンドンTHE PIPELINEで行う。 そ後も、2016年11月にロンドン開催されたハイパージャパンフェスにも 出演。
“HAPPY ROCK’N’ROLL”と称する程、メンバー4人がステージを飛び跳駆け回るライブの、日本のみならず海外で賞賛の嵐。 今も海外からのラブコールが絶えない中、2017年日本と海外の架け橋になるのか。おてんば娘達をお見逃しなく~~!
http://www.thetomboys.net

 



 
SEVENTEEN AGAiN

パンクバンド
https://seventeenagain.jimdo.com
 



 
w.o.d.

兵庫県出身。現代においては稀なNIRVANAやTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTなどの刹那的なロックのロマンチシズムを体現できるポテンシャルを持った3ピースバンド。

2015年より現メンバーで活動をスタートさせ、同年にRO69JACK入賞。

2016年には「出れんの!?カミコベ!?」グランプリ獲得、「出れんの!?サマソニ!?」CREATIVEMAN賞獲得など様々な大規模オーディションで賞を総なめにしてきた。
http://wodband.com/

 



 
CHAI

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、
『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。
誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、
2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、
ある日突然ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。
2017年3月にはSXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功におさめ、
4月26日にCHAIのヤバさがすべて詰め込まれた2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリース。
『sayonara complex』のMVを公開したところ、くるり岸田氏、ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤氏、木村カエラ氏、
ヒャダイン氏、いとうせいこう氏など数々の著名アーティストも大プッシュ。
FUJI ROCK FESTIVAL 2017 “ROOKIE A GO-GO”では前代未聞の超満員で観られない人が続出!
その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、
彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!
http://chai-band.com/

 



 
THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN、通称ディスジャパ。2011年大学の先輩後輩である4人が、在学中にTHIS IS JAPANを結成。ツインボーカル、ツインギターが特徴的なバンド。2014年8月14日 には初の全国流通1stフルアルバム「THIS IS JAPAN TIMES」を発売。ライブは年間40~50本行い、フェス・サーキットイベントにも多数出演。2016年7月に開催した共同企画では、2016年の新宿Motionの最多動員を記録。同年10月には”Next Music FromTokyo vol.9″に参加し、カナダツアーを行う。XTCやFUGAZI他、90年代の日本のオルタナティブシーンに影響を受けたサウンドに、ストイック且つロマンティックなディスジャパマナーを盛り込み、2010年代のオルタナティブロックシーンに一石を投じる。ディスジャパのサウンドはバンドマンを中心にじわじわと拡散中。2016年8月3日全国流通2枚目となるminialbum「DISTORTION」をリリース。”スーパーマーケット”がNHK-FM「ミュージックライン」エンディングテーマに抜擢。キャリア史上初となるワンマンを2016年12月28日に”新宿Motion”で開催。大盛況にて終了。現在、新音源発売を目指し鋭意製作中。
http://thisisjapan.net

 



 
Teenager Kick Ass

3人組ロックバンド。音がでかい。
https://teenagerkickass.jimdo.com

 



 
突然少年

気持ち伝わるまで何度でもアタック。これが僕達のやり方。
https://suddenlyboyz.tumblr.com

 



 
ナードマグネット

そのクソまじめなほどの音楽愛と、歯に衣着せぬナードっぷり、リーマンながら年間約100本のライブをこなすワーカホリックぶりが大阪のみならず日本中からリスペクトを集める遅咲きの花。
ボーカル須田のまじ炎上事件など話題を撒き散らしながら2016年5が待望の1stフルアルバム『CRAZY, STUPID, LOVE』発売。タワレコメン選出後、「さよなら20代ツアー」と称したアルバムの全国ツアーを土日祝日フル稼働で行った。続けざまにツーマンシリーズ「渡り廊下で先輩殴るツーマン」を企画。LOST IN TIME、GOING UNDER GROUND、モノブライト、シュノーケル、ASPARAGUS、モーモールルギャバンという強敵とのタイマンを生き抜く。
2017年6月7日待望の新作ミニアルバム『MISS YOU』発売を記念して東阪ワンマンライブ「 〜私の敵は、私です〜」、また全国ツアー「NICE TO MEET YOUツアー」の開催が決定している。
http://nerd-magnet.com/

 



 
ニトロデイ

Nirvana、ナンバーガール、Sonic Youth、Pavement、Pixiesなどに影響を受けた、ローファイな爆音グランジ・オルタナティヴを演奏する平均年齢18歳の横浜出身現役高校生バンド
http://artist.aremond.net/nitroday/

 



 
BALLOND’OR



失恋をして引きこもり生活だったVo.MJMとGt.NIKEが今までの好きなロックを散々詰め込んだ唯一無二の音楽をかき鳴らそうと話し合い下北沢にて結成。
結成時は狭い部屋の中で楽曲制作に励み、暗いバンド生活が続く。
2014年アルバム【ヘビーユース】をリリースすると一部の爆音ユースユーザーから評判になる。
2015年にNANCYが加入し、現在メンバー5人が揃う。
新体制で初めて制作された1stカセット【Jr.LOVE ep】は発売開始から数ヶ月で300枚を完売。
その後コミックセットとして発売された【PINK PEOPLES】はJET SET JAPANESEチャート1位を獲得。
GO!TEAMオープニングアクト公演、初のツアーなど、様々なライブを経て
2016年6月、15曲入りフルアルバム【CATCHER IN THE DIE】をリリース。
DISK UNIONを中心に売り切れ店が出るなど好評を博し、
その後行った下北沢DAISY BAR、下北沢three、下北沢SHELTER
の三ヶ月連続自主イベント【DIVE TO DIE】を敢行し全公演SOLD OUT。
2016年11月6日、初となるワンマンライブもSOLD OUT!!と、
下北沢のストリートから日々ロックとパンクにのめり込み爆音を鳴らし続けている。
http://ufo-banana.com

 



 
ハンブレッダーズ

高校1年の頃、文化祭に出演するために結成。本番で地獄のようなライブをするも、「音楽ってヤバいな」と気付きバンドを続けることに(同時に、人生も狂った)。2016年の4月に前任ベーシストまっちゃんが卒業。後任にサークルの後輩でらしが加入し、新生ハンブレッダーズとしてブイブイ活動中。スクールカーストの最底辺から青春を歌いに来ました、ハンブレッダーズです!
http://humbreaders.com/

 



 
羊文学(hitsujibungaku)

2011年9月、5人組コピーバンドとして結成。受験のための活動休止と数回のメンバーチェンジを経て、17年2月に現在のメンバーとなる。東京都、下北沢を中心に活動。
シューゲイザーにも影響をうけた重厚なバンドサウンドと、意思のある歌声が特徴的なオルタナティヴロックバンド。
2013年 YHMF本選出場
2016年 Shimokitazawa Sound Cruising、FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO出演
https://hitsujibungaku.jimdo.com/

 



 
FINLANDS

塩入冬湖とコシミズカヨからなるロックバンド。
2015年に「ULTRA」「JET」と2枚のミニアルバム、昨年はフルアルバム「PAPER」をリリースし早耳ロックリスナーたちの間で話題となる。「RO69JACK」での入賞経験を持ち、JOIN ALIVE2017やサマーソニック(出れんの!?サマソニ!?枠)、全国各地で話題のイベント、サーキットフェスにも多数出演。真夏の屋外ステージでも決して脱がいないコートも話題。
2017年7月5日にはミニアルバム「LOVE」をリリースしタワーレコード”タワレコメン、HMV”エイチオシ”にダブルで選出。オリコンアルバムインディーズチャート2位を記録した。
http://finlands.pepper.jp/

 



 
余命百年

2012年夏に結成。
懐かしいけど新しい、冷たいのに熱い、ありそうだけどなかった日本語詩とメロディ、アレンジを特徴とした4人組のバンド。

浮遊感と叙情感にカンタベリーの味付けをし、ニューウェーブ精神で練り上げたオルタナティブポップネス。
http://yomei100nen.com


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト THIS IS JAPAN 公式サイト
WEBサイト THIS IS JAPAN YOUTUBEチャンネル
twitter https://twitter.com/this_is_japann
facebook https://www.facebook.com/thisisjapann
この記事の画像


関連記事: