2017-07-31 21:00 Fuhito Kitahara

Gutevolk、8月2日発売のニューアルバム『グーテフォルクの声飛行』からリード曲MV「声飛行」公開。港町ポリフォニー2017にも出演決定


Gutevolkが、8月2日(水)に発売する7年ぶりのニューアルバム『グーテフォルクの声飛行 ~Hello tiny people ! I will catch you~』からリード曲「声飛行」のミュージックビデオを公開した。

 
Gutevolkは、西山豊乃の1人ユニットで、1999年にChildiscから”にしやまひろの”としてアルバム1枚、ミニアルバム1枚を発表。2002年にDaisyworld DiscsからGutevolk名義の1stアルバム『グーテフォルクは水の中』をリリース。これまでに5枚のアルバムをリリースし、国内外でのライブ活動のほか、CM・舞台・アニメーションなどの音楽も手がけ、マイペースながらもグローバルな活動で高い評価を得ている。

 
ニューアルバムは、彼女の真骨頂であるキラキラとした電子音と様々な楽器が重なったポップなサウンド、フランス語、日本語、オノマトペ(造語)による歌で表現される、美しくてイーヴィルで、ちょっとユニークな音楽集となった。

 
9月2日(土)には、リリース後初公演となる『港町ポリフォニー2017』に空気公団、土岐麻子、コトリンゴ、The Wisely Brothersらと出演することも決定した。

 
 


Gutevolk “声飛行” (Official Music Video)

 
 

 
Gutevolk『グーテフォルクの声飛行 ~Hello tiny people ! I will catch you~』

発売:2017年8月2日(水)
価格:2,400円+税
品番:DDCB-14051
発売元:SPACE SHOWER MUSIC
販売元:スペースシャワーネットワーク

Amazonで見る

収録曲:
1. 声飛行
2. Dring Dring!
3. Rainbow rainbow
4. Over The Moon
5. Galop
6. Bêtises
7. Light Shadow Flower People 8.Dreamer
9. Météorite
10. Je m’en fiche
11. Pardon pardon
12. Luv luv luv

 



 
Gutevolk(グーテフォルク)

西山豊乃(にしやまひろの)の1人ユニット。民族楽器とレコードの収集が趣味の祖父のもとで様々な音楽に触れ、4歳でピアノを始める。10代後半にカナダ・フランスに留学。帰国後、音楽制作をはじめる。1999年、竹村延和主宰のレーベルChildiscから”にしやまひろの”としてアルバム1枚、ミニアルバム1枚を発表。2002年、細野晴臣主宰のDaisyworld DiscsよりGutevolkとして1stアルバムとなる「グーテフォルクは水の中」をリリース。以降、国内外でのライブ活動のほか、CM・舞台・アニメーションなどの音楽を手がけるようになる。2003年にアルバム「Suomi」、2004年にミニアルバム「Twinkle」、2007 年にアルバム「グーテフォルクと流星群」を発表する。2010年に発表したアルバム「太陽のシャンデリア」収録曲が児玉裕一監督の手がけるショートムービー『Tabio Slide Show』に起用される。2013年に松山ケンイチ主演の舞台『遠い夏のゴッホ』の劇判楽曲の制作を担当。

 

注目記事

Gutevolk、7年ぶりのニューアルバム8月2日発売決定。キラキラとした電子音と様々な楽器が重なったポップでユニークな音楽集


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト Gutevolk 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/HironoNishiyama
facebook https://www.facebook.com/Gutevolk-グーテフォルク-360904197258225/
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: