2017-03-15 18:00 Fuhito Kitahara

7インチ・インスト専科『TONGS INTERNATIONAL』始動。エマーソン北村&浦朋恵、アンディート&ザ・ファン・ボーイ・フォー、イコマの作品が3月22日に同時発売


浦朋恵、山本アキヲ、椛島隆によるアナログ7インチのインスト専科『TONGS INTERNATIONAL』が始動した。

 
このレーベルは、作曲家/木管楽器奏者の浦朋恵が、テクノ音楽家/マスタリング・エンジニアの山本アキヲ、細野晴臣のライブ等で活躍するエンジニア椛島隆と立ち上げた「言葉のない、エキゾチックな3分間」にこだわったアナログ7インチオンリーのインスト専科。昨今のアナログブームに超乗っかりつつも、オニの独自路を突き進んでいる。

 
その第1弾作品として、エマーソン北村&浦朋恵『飲み歩くおばけ/消えた赤バス』、アンディート&ザ・ファン・ボーイ・フォー『コンガ・ロック/ティンバレス・ロック』、イコマ『山ちゃんの朝は早い/アイスバイン』の3作品が3月22日(水)に同時リリースされることになった。

 
エマーソン北村&浦朋恵「飲み歩くおばけ/消えた赤バス」は、浦朋恵が岐阜県の実家で作曲した曲をエマーソン北村が東京の自宅でトラックを制作、再び浦が大阪のスタジオでクラリネットを吹き込んだキャッチボールの記録。「飲み歩くおばけ」は高架下や寂れた駅前のスナックビルを彷徨う酒臭い影(とティミー・トーマス)をイメージ。「消えた赤バス」は橋下知事時代に姿を消した大阪市営小型バスの思い出を綴った唄のないレゲエ楽曲となっている。

 
アンディートは、関西在住のラテン・パーカショニスト。その独特の風貌と荒ぶる叩きは「ほとんど本物」。元ロッキン・タイムの森俊也(ドラムス)、川上つよしと彼のムードメイカーズの秋廣真一郎(ギター)、コンカロックスの伊藤慎也(ベース)、イコマの千古まゆみ(ピアノ)が参加している。

 
イコマは、4人のアラサーOLによる英国風パブ・フォーク・ロック・バンド。2013年の結成から現在に至るまで、メンバー全員が極端に引っ込み思案で赤面症の為、ライブは未経験で、今後も一切その予定ないとのこと。「山ちゃんの朝は早い」は、メンバー曰く”なんとなくギャラガー&ライル+ヘロン風”の通勤もの、「アイスバイン」はバンドの友人でもある浦朋恵の書き下ろしを”なんとなくロニー・レインのスリム・チャンス風”に演奏したものだ。

 
 

 
エマーソン北村&浦朋恵『飲み歩くおばけ/消えた赤バス』

発売:2017年3月22日(水)
価格:1,200円(税込)
品番:INT 2001 (MYRD110)
レーベル:TONGS INTERNATIONAL/MY BEST! RECORDS
仕様:7インチレコード

Side A「飲み歩くおばけ」(作曲:浦朋恵)
Side B「消えた赤バス」(作曲:浦朋恵)

Amazonでみる

 

 
アンディート&ザ・ファン・ボーイ・フォー『コンガ・ロック/ティンバレス・ロック』

発売:2017年3月22日(水)
価格:1,200円(税込)
品番:INT 2002 (MYRD111)
レーベル:TONGS INTERNATIONAL/MY BEST! RECORDS
仕様:7インチレコード

Side A「コンガ・ロック」(作曲:浦朋恵)
Side B「ティンバレス・ロック」(作曲:浦朋恵)

Amazonでみる

 

 
イコマ『山ちゃんの朝は早い/アイスバイン』

発売:2017年3月22日(水)
価格:1,200円(税込)
品番:INT 2003 (MYRD112)
レーベル:TONGS INTERNATIONAL/MY BEST! RECORDS
仕様:7インチレコード

Side A「山ちゃんの朝は早い」(作曲:イコマ)
Side B「アイスバイン」(作曲:浦朋恵)

Amazonでみる


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト エマーソン北村 公式サイト
WEBサイト 浦朋恵 公式サイト
twitter
facebook
この記事の画像
   


関連記事: