2016-10-19 21:00 Fuhito Kitahara

Super Ganbari Goal Keepers、新曲「世を捨てよ町へ出よう」のスタジオセッション映像を公開

スーパーガンバリゴールキーパーズ


Super Ganbari Goal Keepersが、新曲「世を捨てよ町へ出よう」のスタジオセッション映像を公開した。

 
彼らは、2011年結成、東京を中心に活動する4人組インディーロックバンド。ポップなメロディセンスと、「草食系」にすらなれない「草」のような存在と自称しつつも、毎日を懸命に生きる人々を歌う姿に注目が集まっている。

 
今回の映像は、今年7月に都内某所で行われたスタジオセッション映像。未発表の新曲で、USインディ的なギターサウンドに哀愁漂う日本語詞を載せて歌っている。

 
今後、このスタジオセッション映像第2弾も公開される予定とのことだ。

 


Super Ganbari Goal Keepers / 世を捨てよ町へ出よう

 


スーパーガンバリゴールキーパーズ

 
Super Ganbari Goal Keepers

2011年結成、東京都を中心に活動する4人組インディーロックバンド。
「草食系」にすらなれない「草」のような存在、それでも毎日を懸命に生きる人々の姿を歌っている。
The Smiths、Pains Of Being Pure At Heartなどに強く影響を受けている。
2015年1月に全国流通盤「Cang Gang Pops(宦官ポップス)」を発表。

 

注目記事

スーパーガンバリゴールキーパーズ、福永マリカ主演のポップで切ないMV「プログレッシブな愛」公開


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト スーパーガンバリゴールキーパーズ 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/sggk_ganbari
facebook
この記事の画像


関連記事: