2018-04-21 16:00

THE BEATNIKS 7年ぶりのニューアルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』先行試聴会のオフィシャルレポートが到着


THE BEATNIKSがニューアルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』の発売に先がけ昨日2018年4月20日に開催した、先行試聴会のオフィシャルレポートが到着した。

 
THE BEATNIKSは、1981年に結成された高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット。5月9日(水)に7年ぶりの新作アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』をリリースすることが決まっている。

 
なお、5月11日(金)にはEX THEATER ROPPONGIにて、およそ7年ぶりのワンマンライブも開催。アルバム収録の新曲に加え、往年の楽曲やカバー曲も披露されるとのことだ。

 
 

THE BEATNIKS、7年ぶりとなる新アルバムの先行試聴会を開催!

Text:石角隆行

 
高橋幸宏と鈴木慶一のユニット、THE BEATNIKSの新アルバム「EXITENTIALIST A XIE XIE」のListening Partyがファンを招いて4月20日(金)に東京・渋谷区のSpotify JAPANにて開催された。5月9日にリリースされる同アルバムは「LAST TRAIN TO EXITOWN」以来、7年ぶり。この日は事前にSNSで応募を受付け当選した14組み28人のファンを招いたアルバムの先行試聴会。MCを務める國崎晋(前サウンド&レコーディングマガジン編集長)の呼び込みで、19:30過ぎに高橋幸宏と鈴木慶一のふたりが登場。

 
まずは本アルバムでいちばん最初に録音したという、3曲目に収められた「鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」からListening Partyがスタート。

7年ぶりの新アルバム発表は、昨年5月に恵比寿で開催された「赤塚不二夫生誕80年記念・バカ田大学祭ライブ」に出演するにあたって新曲を2曲つくったのがきっかけ。この時のイベントで初めて披露されたのが、続いて流された「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。ライブで演奏すると、オーディエンスを踊らせてしまう不思議な引力を持った曲だ。その後、「森、道、市場フェス(5月)」や8月のワールドハピネスでも披露され、新生THE BEATNIKSを象徴する楽曲になった。もっともアルバムでは、そこからアレンジも進化させているという。又、楽しい曲ではあるがモチベーションになったのは今の社会への”憤り”であったり”怒り”だそう。慶一も『歌詞には、色々と深読みし甲斐があるように作ってある』と話す。

 
続いては虹の輪と呼ばれるブロッケン現象をテーマにした「Brocken Spectre(M-04)」と、幸宏が録音時に泣きそうになって歌えなくなったという「Speckled Bandages(M-09)」の2曲が流され、各々の曲の歌詞についてのトークも交わされステージはしっとりとしたモードに。さらにトークはレコーディングにも触れ、幸宏と慶一がひとつのブースの中で別々の曲を録音するという仰天作業も明かされ、集まったファンも興味津々に耳を傾ける。

 
Listening Party最後の試聴はアルバム2曲目に収められた「I’ve Been Waiting For You」。幸宏のリクエストで入れられたニール・ヤングのカバー曲だ。ここで登場したのは日本コロムビア秘蔵のWカートリッジ搭載の巨大なアナログ・プレーヤー。アナログのカッティング直後にプレスされたマーキング盤で再生された音源は、ヒップでグラマラスな美しい音を奏でる。慶一も『ハイハット(シンバル)の音がいい潰れ方してる!』と絶賛。ここで1987年リリースのセカンド・アルバム「EXITENTIALIST A GO GO」と同じ構図とレイアウトを、現在のふたりで再現したアナログ盤のジャケットも公開し、ファンも大喜び。新アルバムの中から全6曲を先行試聴した60分のListening Partyは終了。最後に記念撮影タイムも設けられ、ロビーに設置された「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA~」MV撮影ブースに参加して、各々は帰途についた。この撮影ブースで撮影された「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DAΩ~」振り付け動画は4/25まで応募を募集している。

 
THE BEATNIKSの新アルバム「EXITENTIALIST A XIE XIE」は5月9日にリリース、5月11日にはEX THEATER ROPPONGIでワンマン・ライブを開催する。

 
 


THE BEATNIKS『MVみんなで作ろうキャンペーン』
http://columbia.jp/thebeatniks/

 

当日の写真

 
 

 
THE BEATNIKS『EXITENTIALIST A XIE XIE』(CD)

発売:2018年5月9日(水)
定価:3,240円(税込)
品番:COCB-54260
発売元:BETTER DAYS (日本コロムビア)

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

収録曲:
01. Crepuscular Rays
02. I’ve Been Waiting For You 
03. 鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章 
04. Brocken Spectre
05. ほどよい大きさの漁師の島 
06. Softly-Softly
07. BEAT印のDOUBLE BUBBLE
08. Unfinished Love ~Full of Scratches~ 
09. Speckled Bandages
10. シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya

 
 

 
THE BEATNIKS『EXITENTIALIST A XIE XIE』(LP)

発売:2018年5月9日(水)
価格:4,104円(税込)
仕様:アナログLP(重量盤)

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

 

THE BEATNIKS ワンマンライブ 『THE BEATNIKS』

 
日程:2018年5月11日(金)
会場:EX THEATER ROPPONGI
時間:open18:30 / start19:30

[チケット]
アリーナ立見 6,500円
スタンド指定 8,500円
プレミアムシート 12,500(お土産付き)
※それぞれ税込、入場時1ドリンク500円必要
※未就学児童のご入場はお断りいたします
チケット詳細

 



 
THE BEATNIKS (ザ・ビートニクス) 

1981年結成。当時「YMO」のメンバーで、現在「METAFIVE」で活動する高橋幸宏と「ムーンライダーズ」のヴォーカルであり音楽プロデューサーや、北野作品「アウトレイジ」シリーズなどの映画音楽家としても活躍する鈴木慶一によるユニット。1stアルバム『EXITENTIALISM〜出口主義』は、国内のみならず欧米でも発売。主にヨーロッパのアーティストにも大きな影響を与えた。自分たちをとりまく社会や そのあり方などに怒りを感じたとき、それがモチベーションとなって制作をはじめると言われる。これまでに発売されているオリジナル・アルバム4枚。 その他、世界的ファッション・デザイナー山本耀司のパリ・コレクション用として制作された音楽集なども発表している。





関連記事: