2018-07-09 19:00

H ZETT Mによる「ピアノ独演会 夏 七夕の陣 in 岐阜」のオフィシャルレポートが到着。エレクトリック”と”クラシカル”2つのスタイルが共存した七夕ライブに


H ZETT Mが2018年7月7日に岐阜県多治見市バロー文化ホールで開催した、「H ZETT M ピアノ独演会2018 夏 七夕の陣 in 岐阜」のライブレポートが到着した。

 
H ZETT Mは、自身のバンド”H ZETTRIO”としても活躍するピアニストで、様々なアーティストの作曲、プロデュースも手がけている。

 
また、今年3月に東京・紀尾井ホールで行われた独奏会の模様を収録したDVDとBlu-rayが9月5日(水)にAmazon限定でリリースされることも発表された。

 
独演会は、静岡(すでにソールドアウト)、神奈川(ソールド間近)、そして四国初の香川へと続いていく。

 
 



”エレクトリック”と”クラシカル”2つのスタイルが共存する七夕ライブ
H ZETT M ピアノ独演会 夏 七夕の陣 in 岐阜ライブレポート
9月末には四国で初開催!

 

photo by Worldapart ltd.

 

2018年7月7日、岐阜県多治見市バロー文化ホールにて「H ZETT M ピアノ独演会2018 夏 七夕の陣 in 岐阜」が開催された。


 
このピアノ独演会は 様々なアーティストの作曲、プロデュース、自身のバンド”H ZETTRIO”としても活躍目覚ましいピアニストによるピアノソロコンサート。シンプルな構成が故に彼の深い音楽性を堪能できることで人気の公演だ。

 
現地はあいにくの曇り空であったが、場内は多くの観客で賑わっていた。鼻を青色に塗った子供、若いカップル、年配の方、世代や性別を問わず幅広い層の観客が見受けられ、場内は今か今かと開演を待つ興奮に包まれていた。

ステージにはグランドピアノが鎮座し、舞台奥には独演会の”独”の文字をあしらった”のれん”。そこに小さな光るジュークボックスのオブジェが置かれており、なんとも不思議な雰囲気。H ZETT Mが登場すると会場は期待に満ちた拍手で包まれる。


 

始まりは7月7日にちなみ「たなばたさま」。耳馴染みのある楽曲を彼ならではのアレンジで、大胆かつジャジーに演奏し観客の熱量も一気に高まる。

そして「ほろ酔いバランス」「ところでみなさんごきげんいかが」へと続いていく。曲中にH ZETTRIOの「SEVEN」のフレーズを散りばめ、ファンには嬉しい演出となった。

 
MCではサンプラーから落語の出囃子のようなサウンドと共に自身の声が。マイクを持たずにサンプリングされた声で岐阜の魅力に触れる、ユニークな嗜好。最後に「多治見市でライブが出来て良かった!」と発せられると、観客からも大きな拍手が。


 

 

そして「極秘現代」、「踏み出すニュー」「Happy Saturday Night」から「踏み出すニュー」へと戻るメドレー。
畳み掛けるようなスピード感溢れる演奏に圧倒されたところで「Den-en」「地平線」へと続き、先程までの勢いが嘘のような落ち着きで、流れる雲をイメージした照明が織りなすメロウな雰囲気が観客を包み込んでいく。


 
そして「争う不可思議」「すりぬける」「BRICK &GLORY」と軽快なナンバーから「嬉しさを抱きしめて」。軽やかにそして何よりも丁寧に演奏し、1部は閉幕した。

 



15分ほどの休憩を挟み、2部へ。
再び幕が上がるとステージの様子がガラッと変わっている。
大きな存在感を放っていた暖簾やスピーカーまでもが無くなり、ステージにはグランドピアノがたった一つ。
一変してシンプルになり、緊張感の高まるステージ。
再びH ZETT M が登場すると客席から子供の歓声が飛び、それに明るく応じる。


 
「喜びのテーマ」で2部がスタート。
同時に、ステージ上部にはH ZETT Mの演奏する手元がマッピングされ、厳かな演奏が再び観客を魅了していく。

 

 

その後は流れるように「未完成ワールド」「水の流れ」「ショーが始まる」と軽快なナンバーが続き、持ち前の高速でテクニカルな演奏が冴え渡る。ピアノ一台で会場を興奮と熱狂の渦に巻き込みながら、最後にはタイトル通りの力強さを感じさせる「新しいチカラ」で2部が閉幕。演者も観客も音楽に没頭していくということが体現されたような、圧倒的なステージとなった。

 

 
アンコールでは「ネクタイしめて」そして七夕の夜にふさわしい「星は教えてくれる」をドラマチックにアレンジして幕を閉じた。


 
まだこのH ZETT M の独演会を体感したことのない人には、東京でのライブ映像が9月5日(水)にアマゾン限定での発売が決定しているのでこちらをぜひオススメしたい。詳細は下記のリリースインフォメーションをチェックしていただきたい。

 

そして9月8日(土) 静岡公演はすでにソールドアウト、9月28日(金) 神奈川公演もソールドアウト間近になっており、ここで新たに、9月30日(日)には初の四国での開催となる香川公演も決定した。

 
音源だけでは味わうことのできない即興演奏や、ライブ感、常に進化し続けていくH ZETT Mピアノ独演会ならではの奥の深い演奏、演出をぜひ体感してほしい。

 

H ZETT M ピアノ独演会2018

 
九月 -富士の陣-

日程:2018.9.8(土)

会場:静岡 富士市文化会館ロゼシアター 中ホール

※SOLD OUT

 

秋 -やまと芸術の陣-

日程:2018.9.28(金)

会場:神奈川 やまと芸術文化ホール

時間:OPEN 18:30 / START 19:00

問合:やまと芸術文化ホール チケットデスク 046-263-3806


料金:
一般 4,500円 / 学生(26才未満) 2,000円

※全席指定、税込、未就学児入場不可


 

秋 -初四国の陣-

日程:2018.9.30(日)
会場:香川県民ホール レグザムホール
時間:OPEN 16:00 / START 17:00
問合:DUKE高松 087-822-2520

料金:
前売 5,000円 / 当日 5,500円

※全席指定、税込、3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要

 
 


DVDジャケット


Blu-rayジャケット

 
H ZETT M / ライブDVD & Blu-ray『H ZETT M ピアノ独演会 2018 春の共鳴の陣 2018.3.14 at 紀尾井ホール』

発売:2018年9月5日(水)
価格:DVD4,000円(税抜) / Blu-ray4,500円(税抜)

Amazonでみる(DVD)
Amazonでみる(Blu-ray)

収録曲:
1. 地平線

2. 果てしないカーブ

3. 踏み出すニュー

4. 極秘現代

5. Happy Saturday Night

6. ネクタイしめて

7. 春の共鳴の陣メドレー 1

 あしたのワルツ 〜
 永遠は見つからない 〜
 ワルツ 〜
 流麗なる時が重なって

8. 雫の模様

9. その瞬間

10. 水の流れ

1.1 ショーがはじまる

12. 嬉しさを抱きしめて

13. 新しいチカラ

14. ARIGATO

アンコール:
春の共鳴の陣メドレー 2

 BRICK & GLORY 〜 大西洋レストラン 〜 喜びのテーマ 〜 春疾風 -ハルハヤテ- 〜
 喜びのテーマ

 

注目記事

H ZETTRIOによる「こどもの日スペシャル」のライブレポートが到着。7月には『おやこの日スペシャルライブ』開催決定




タグ: /

関連記事: