2018-04-28 21:00 Fuhito Kitahara

書籍『ボーカロイド音楽の世界 2017』出版記念トークイベントが大阪で開催決定。大きな盛り上がりを見せるボーカロイド音楽シーンを大観測


今年3月に刊行された書籍『ボーカロイド音楽の世界 2017』を記念したトークイベントが、5月26日(土)に大阪ロフトプラスワンウエストで開催されることになった。

 
この書籍『ボーカロイド音楽の世界 2017』は、初音ミク10周年という節目を迎え大きな盛り上がりを見せた2017年のボーカロイド音楽シーンの実態を振り返るという内容で、スッパマイクロパンチョップ氏監修のコンピ『合成音声ONGAKUの世界』と同時リリースされたもの。

 
今回のイベントでは、本書監修者のしま氏とクリエイターのマンボウ氏、執筆者のアンメルツP氏をゲストに迎え、この書籍はどのような意図のもと生まれたのか、2017年にはどんな作品があったのか、そして2018年現在はどんな動きが出てきているのかを、アングラからジャズまでさまざまな切り口で観測する。

 
チケットは前売2,000円(要1オーダー500円以上)で、イープラスにて本日4月28日から発売開始。また、ロフトプラスワンウエスト電話予約も受け付けられている。

 
 

 
『ボーカロイド音楽の世界 2017』

発売:2018年3月14日
価格:1,500円+税
監修:しま
仕様:96頁

巻頭インタヴュー:EHAMIC
執筆:あるか、アンメルツP、キュウ、しま、ヒッキーP、Fe、Man_boo、myrmecoleon
イラスト:seri、きゃらあい

Amazonでみる

 
2017年のボーカロイド音楽シーンを大総括!
初音ミク10周年という節目を迎え、大きな盛り上がりを見せた2017年のボーカロイド音楽シーン。はたしてその実態はどのようなものだったのか? 同じく10周年を迎えた鏡音リン・レン、初音ミク中国語版の発売、マジカルミライ5周年、「王の帰還」現象と新世代の擡頭、『♯コンパス』コラボ曲の席巻、「砂の惑星」の大ヒット、加速するアンダーグラウンド……などなど、多くの事象が交錯した2017年のボカロ・シーンを、さまざまな切り口から整理し振り返る!

 

 
V.A.『合成音声ONGAKUの世界』

発売:2018年3月14日(水)
価格:2,000円+税
品番:PCD-20389
監修:スッパマイクロパンチョップ

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

アーティスト/収録曲:
01.春野 「nuit」
02.Treow 「Blindness」
03.piptotao 「春 etc.」
04.羽生まゐご 「阿吽のビーツ」
05.拓巳 「Kaleidoscope」
06.cat nap 「ぺシュテ」
07.鈴鳴家 「フリーはフリーダム」
08.松傘, mayrock,sagishi,緊急ゆるポート, trampdog 「人間たち」
09.でんの子P 「World is NOT beautiful」
10.のうん 「箒星」
11.ぐらんびあ 「孤独、すべて欲しい」
12.キャプテンミライ 「イリュージョン」
13.Dixie Flatline 「シュガーバイン」
14.yeahyoutoo 「lean on you」
15.Noko 「只今」

 


V.A.『合成音声ONGAKUの世界』ティーザー


インフォメーション

タイトル 惑星観測――『ボーカロイド音楽の世界 2017』刊行記念トーク・イベント
 
開催日時 2018年5月26日(土)
OPEN 17:00 / START 18:00
 
開催場所 Loft PlusOne West
(大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F)
 
料金 前売2,000円 / 当日2,500円
飲食代別、要1オーダー500円以上

[チケット]
イープラス
ロフトプラスワンウエスト TEL0662115592(16~24時)

[入場順]
プレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト電話予約→当日
 
アクト しま
マンボウ
アンメルツP
連絡先
WEBサイト イベント詳細ページ(ロフトプラスワンウエスト)
WEBサイト ロフトプラスワンウエスト 公式サイト
twitter https://twitter.com/PLUSONEWEST
facebook
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: