2018-04-16 16:30 Fuhito Kitahara

AKIRA NAKAMURA Trickstewart Band、2ndアルバム『櫂(kai)』リリース記念ワンマン開催決定。レコーディングメンバーが集結


AKIRA NAKAMURA Trickstewart Bandが、2ndアルバム『櫂(kai)』リリース記念ワンマンライブを6月12日(火)にモーションブルー横浜で開催することになった。

 
AKIRA NAKAMURA Trickstewart Bandは、上原ひろみなどのドラマーも務めた中村亮(Akira Nakamura)による“東京”をテーマにしたバンド。今年2月に2ndアルバム『櫂(kai)』をリリースしている。

 
AKIRA NAKAMURAは、この日のライブのためにベルリンから凱旋帰国し、当日は元晴(ex. SOIL & “PIMP” SESSIONS)など、Jazz、Popsシーンで活躍するレコーディングメンバーが総出演。極上のジャジ・ファンクを届けてくれるとのことだ。

 
 


AKIRA NAKAMURA Trickstewart Band feat. 高山康平(映画監督)/Kohei Takayama (Film Director)

 


-Official Teaser Long- AKIRA NAKAMURA Trickstewart Band 2nd album「櫂(kai)」 2018.2.7発売

 
 

 
AKIRA NAKAMURA Trickstewart Band『櫂(kai)』

発売:2018年2月7日
価格:2,500円+税
品番:DQC-1598
発売元:バグースレコーズ株式会社/株式会社スペースシャワーネットワーク
※無料ハイレゾダウンロード付き

Amazonでみる

 



 
中村亮(ナカムラ アキラ)

沖縄県出身, ドラマー/作曲家。
バークリー音楽大学を2001年に卒業後、フリーランスのドラマーとしてアメリカで活動をスタート。古典ブルースから、変拍子やドラムン・ベースまで柔軟な音楽性と様々なリズムアプローチを武器にジャズ、ロック、ポップスからワールドミュージックまで様々なミュージシャンのドラマーとして活躍中。在米時はデビッド・フュージンスキーのトリオ やスクリーミングヘッドレストーソス、サム キニンジャー(ソウライブ、レタス)、上原ひろみのトリオやKokolo afrobeat orchestraなどにメンバーとして参加。また Bigyuki、田中拓也とのトリオでjp3を結成し日本でのツアーも行なった。その後、沖縄、中国などでも演奏家として活動。2009年に東京に拠点を移してからはドラムのみならず作編曲なども手がけ、自身のバンドでの活動も開始。メンバーとして参加した沖縄とジャズを融合したElement of the Momentや、自らがリーダーを務めるTrickstewart Bandなどではドラムに限らず視野の広いコンポーザーとしての側面を見せる。またハナレグミ、Monday満ちる、Marterなど、多方面に渡るアーティストのライヴでサポートドラマーとして活躍。他にもフィッシュボーンのアンジェロ・ムーアの来日公演時にサポートドラマーとしてステージを共にし、現在も様々なアーティストから信頼されるドラマー。並行して幅広い年齢層に向けて リズムやアンサンブルワークショップを行なうなど音楽の普及にも携わっている。現在はベルリン在住。


インフォメーション

タイトル AKIRA NAKAMURA Trickstewart Band 『Kai』 Release Live
 
開催日時 2018年6月12日(火)
open18:00 / start19:30
 
開催場所 MOTION BLUE YOKOHAMA
(横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F)
 
料金 自由席4,000円
BOX席 16,000円+シートチャージ4,000円(4名様まで利用可)

[問合・予約]
http://www.motionblue.co.jp
045-226-1919
 
アクト AKIRA NAKAMURA Trickstewart Band
 中村 亮(ds)
 Fasun(vo,g)
 柴山哲郎(g)
 浦 宏徳(as)
 元晴(ss,ts)
 高橋佳輝(b)
連絡先
WEBサイト AKIRA NAKAMURA 公式サイト
WEBサイト イベント特設ページ
twitter https://twitter.com/akira_da_naka
facebook https://www.facebook.com/akiranakamuramusic
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: