2016-03-04 12:00

島根県松江市に2年間限定のイベントスペース「NU(ニュー)」がオープン。5月8日には永原真夏らを招いて杮落としイベント開催決定

音沙汰


島根県松江市に4月1日より2年間限定のイベントスペース「NU(ニュー)」がオープンすることがわかった。

 
このイベントスペース「NU」は、松江市の都市計画・水害対策によって取り壊されるビルの1室を借りて、「計画は覆らなけど、音楽や遊べる場を通して住んでる人たちにとって大事な街並がそこにあったということを記憶してほしい」というコンセプトのもとに始められる。

 
運営を行うのはフェスティバル「たぬき音楽祭」を開催している実行委員会のメンバーで、次回開催への拠点の場ともなりそうだ。

 
5月8日(日)には、杮落としイベント『大橋月桃ディスコ~ 永原真夏ツアー2016「わたしのバイオロジー」~』が開催される。音沙汰(永原真夏+工藤歩里)、O.G.K、wonder wonder、エンペラー梅木(DJ)、Hal(DJ)、松浦発電所(DJ)の出演が決まっている。

 

中心メンバーの後藤健太氏からメッセージが届いている。


山陰のローカルステーションを自称するネオ公民館『誉』。その横に新たな遊び場“NU(ニュー)”がこの春よりオープンします。今回は、「誉」5周年と、「NU」の杮落しの思いも込めた“大橋月桃ディスコ”を開催します。

この度迎えるのは、「音沙汰」の2人。SEBASTIAN X時代も含めて、節目節目に必ず来てもらっているミュージシャンであり、Vo.永原真夏が“山陰の緑(みどり)”と歌に込めたこの土地でのライブは、何れも特別な時間が刻まれてきました。誉5年目、NUのはじまりといった節目と門出の記念として“たぬき音楽祭”以来、半年振りの登場となります。

-永原真夏の歌を通して-
永原真夏が放つ歌に触れると、命を強く感じることがあります。決してポジティブなだけではない歌詞の世界では、生きて行くという覚悟と諦めが同居しているかのよ うでもあります。けれど、ならば、命がけで遊ぼう!!と、歌で証明していく他ない1人の人間の気概というか、諦めの悪さを通じ て、“たかが輝く世界”に眉を潜めていた人たちが少しだけ笑い、時に爆笑してしまう瞬間をライブを通して何度となく目にしてきました。

残り2年で失われてしまうであろうこの街の限りある時間の中で、「誉」や「NU」が爆笑しあえる場となれば幸いです。

 
さぁ、立ち上げよう
命がけで遊ぼう
爆心地は心臓
騒ぎ立つ風に乗れ!

 
IMG_3836
NUから一望できる松江の景色。この町並は2年ほどで取り壊されてしまう

 

注目記事

永原真夏、3月16日発売の1stミニアルバム『バイオロジー』ジャケットお披露目。水戸・仙台・浜松・岡山・松江を巡るレコ発ツアーも決定


インフォメーション

タイトル 大橋月桃ディスコ~ 永原真夏ツアー2016「わたしのバイオロジー」~
開催日時 2016年5月8日(日)
17:00 - 21:00
 
開催場所 島根・松江NU
(松江市白潟本町10番地 園山ビル2F)
 
料金 2,800円(別途1D)
※20歳未満入場無料(入場時要身分証)

[予約メール]
kentarhythm@gmail.com
氏名(フルネーム)、公演日5月8日、枚数、返信用メールアドレス、電話番号を明記して上記メールアドレスに送信
 
アクト [LIVE]
音沙汰(永原真夏+工藤歩里)
O.G.K
wonder wonder

[ DJ ]
エンペラー梅木
Hal
松浦発電所

[FOOD]
アジパイ
連絡先 NU(050-7126-8083)
WEBサイト NU 公式サイト
WEBサイト NU オープニングイベント特設ページ
twitter https://twitter.com/records_nu
facebook
この記事の画像


関連記事: