2017-07-20 21:00

第十九食『茗荷谷・丼太郎の納豆丼』| 食漂譚~バンドマン東京グルメ紀行~


第十九食『茗荷谷・丼太郎の納豆丼』

 

text & photo by 淋梅毒(Super Ganbari Goal Keepers)

 

この連載に登場する店には、「自分の足で歩いてたまたま見つけた店」「知り合いに連れて行ってもらって出会った店」など色んなパターンがあるが、今回訪れる店を分類するとすれば「かねてより話題になっており、一度食べてみたかった店」だ。



メトロ丸ノ内線の茗荷谷駅を出て、春日通りという広い道路を東京ドーム方面に下ろうとすると、その店「丼太郎(どんぶりたろう)」がある。


 

 

ロケットニュース24や、僕の好きなTBSラジオの番組「東京ポッド許可局」でも言及されていたりと、「丼太郎」の噂は既に知っている方もいるとは思うけど、僕の方から改めてなぜ話題になっているのか説明させてもらいたい。

 

TBSラジオ「東京ポッド許可局」
https://www.tbsradio.jp/tokyopod/

 

牛丼チェーンと言えば吉野家・松屋・すき家の御三家が言わずと知れたトップ企業だが、かつては神戸らんぷ亭などマイナーな牛丼チェーンも存在していた。その中に、「牛丼太郎」というチェーンもあったのだが、やはり御三家の圧倒的なシェアには勝てず、倒産してしまった。そこで元社員らが集い、牛丼太郎の復興を目指し再出発した、という話だ。ここまでだとあり得る流れだし、心温まるストーリーとして僕らもなんとなく予想がつくけど、「牛丼太郎」の旧店舗をそのまま使用し、あろうことか看板の「牛」の字にテープをベタッと貼り、無理やり「丼太郎」とリネームし再出発したというのだから、ちょっと面白ばなしのようでもあり、元従業員たちの良い意味での不器用な意地も感じられ、食事することはいわずもがな、その珍妙な看板も一目見ておきたいと色々な人の間で話題になっているのである。珍スポット巡りにちょっと近いものがあるかもしれない。

 
さて、今回はメニューをシェアできるように同行者には別のものを頼んでもらった。注文したのは全部で納豆丼、カレー、牛皿。

 

 

納豆丼は先に触れた「東京ポッド許可局」のパーソナリティーの一人、学者芸人のサンキュータツオさんが絶賛しているので、常々食べてみたいと思っていた。

 

サンキュータツオ公式ブログ「サンキュータツオ教授の優雅な生活」
http://39tatsuo.jugem.jp/

 

こちらは温かい飯をよそった丼に、業務用冷蔵庫から取り出した銀色の寸胴に大量に仕込まれたたっぷりの納豆をお玉ですくい、豪快にかけたもの。納豆が大粒で、豆の味が濃い。そして、割としょっぱめだ。家で食べる納豆ご飯とは結構違う!


 

 

さて、牛皿に関しては、それをご飯にかけてミニ牛丼のようにして食べてみたが、吉野家より美味い。松屋のプレミアム牛めしは脂身のボリュームがあるけどややくどい、すき家は肉がぼそぼそしていることが多いので、トータルでは御三家の中では吉野家が一番バランスがいいと思っていたが、丼太郎の牛は肉の質もよく、脂も適度に入り、柔らかさと上品さを兼ね備えた今のところ牛丼チェーンの中では一番美味しかった。

 

 

また、とにかく安くて美味かった。どうせ結婚できないのならば近所にあれば毎日通いたいくらいだ。大手のような派手さはないが何とか経営面で持ちこたえて欲しい。僕も都内に出る際にはなるべく食べに行くようにする。

帰り際、タクシーの運ちゃんがハザードを出して停車し、一杯食べようとサッとお店に入っていった。看板の「牛」の字には、やはり赤いビニールテープが張ってあった。

 

 
 


♪今月の一曲『David Bowie/Pat Metheny – This Is Not America』

 
================

次回は、「大塚・キッチンABCのオリエンタルライス ゲスト:冷牟田敬」をお送りします。

 

過去の記事はこちらから

食漂譚~バンドマン東京グルメ紀行~ トップページ

 

お知らせ

コラム『食漂譚~バンドマン東京グルメ紀行~』は、毎月15日をめどに更新する予定です。

 



 
淋梅毒(りん・ばいどく)

富山県出身。Super ganbari goal keepers、蜃気楼の二つのバンドで活動中。
学生時代はドキュメンタリー監督・森達也の元で4年間メディア・リテラシーを学ぶ。
趣味はドラマ「相棒」鑑賞。
https://twitter.com/officeRBD

 
 

蜃気楼

2017年本格活動開始。MV「童謡」を公開中。
http://officerinbuydokku.web.fc2.com/
https://soundcloud.com/dnfbmn1bqhoj



 
 

Super Ganbari Goal Keepers(スーパーガンバリゴールキーパーズ)

2011年に結成。略称SGGKとして都内で活動中。
アルバム「Cang Gang Pops(宦官ポップス)」が流通盤として、各レコード店で販売中。
https://twitter.com/sggk_ganbari

 



SGGK代表曲「植物人間系男子」PV





関連記事: