2017-12-28 22:45 Fuhito Kitahara

中村千尋、2018年初夏にメジャーデビュー決定。本日開催した自身初のホールワンマンで発表


中村千尋が、2018年初夏に日本コロムビアよりメジャーデビューすると発表した。

 
中村千尋は、両親の影響で13歳の頃から作詞・作曲を始めたシンガーソングライター。2度にわたる47都道府県フリーライブも完遂している。

 
彼女は本日12月28日(木)に、東京・品川インターシティホールにて自身初のホール・ワンマンライブを開催。

 
普段は弾き語りメインでライブを行っている彼女だが、今回はバンドを背負ってのライブという事もあり、オープニングから会場はヒートアップ。

アンコールのステージ上にテロップが流れ始めると、中村千尋の口からメジャーデビューすることが発表された。この発表に会場内は割れんばかりの歓声と歓喜の拍手に包まれ、なかには涙する観客もいたとのことだ。

 
メジャーデビュー作の詳細は後日発表とのこと。詳細がわかり次第またお伝えしたい。

 

中村千尋によるコメント、そしてコメント動画が発表された。

東京に出てきて10年、、
音楽やめようと思った時も1万回くらいありましたが、ここまで続けてこれたのは紛れもなく応援してくれたあなたのおかげです。
でも30歳の年にメジャーデビューできるなんて思っていませんでした。
人生面白いですね!
もっともっと良い曲作って、一発当てられるように頑張ります!!

 


【中村千尋】2018年初夏、日本コロムビアよりメジャーデビュー決定!

 


本日12月28日の品川インターシティホール公演の写真

 
 

 
中村千尋『女の袋とじ』

発売:2017年11月8日
価格:1,500円+税
品番:NCRO-0001
発売元:ARIGATO MUSIC 
販売元:PCI MUSIC

Amazonで見る

収録曲:
1. 失恋の神さま
2. 潮時チェッカー
3. A子さんとBくん
4. あたしにおっぱいがあったなら
5. カサネテク
6. あたしなんて

 


中村千尋 / 失恋の神さま

 


中村千尋 / 潮時チェッカー

 



 
中村千尋

1988年6月15日生 熊本県出身 B型

父親の影響で13歳の頃から作詞、作曲を始め、高校卒業後上京。
2014年夏、全国17か所にて路上ライブツアーを決行。
そのアクションがTwitter上でも話題となり、10月1stアルバム「どーも中村です。」で全国CDデビュー。
2015年7月15日、2ndアルバムを全国リリース、全国47都道府県ストリートライブを敢行し、渋谷クラブクアトロでのワンマンライブを開催。
2016年には、初のフルアルバムをリリースし、自身最大規模のワンマンライブを新宿BLAZEにて成功させた。
2017年、WEB CM動画「カサネテク」が1,000万回再生を突破し、大きな話題となる。
同年、2度目となる47都道府県フリーライブを敢行し、12月28日に開催された自身初のホールワンマンライブでメジャーデビューを発表。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト 中村千尋 公式サイト
WEBサイト 中村千尋 日本コロムビアアーティストサイト
twitter https://twitter.com/nakachi_staff
facebook
この記事の画像


関連記事: