2017-09-11 12:00 Fuhito Kitahara

THE YELLOW MONKEYに密着したドキュメンタリー映画「オトトキ」、アジア最大の映画祭『釜山国際映画祭』で上映決定。予告編も公開に


THE YELLOW MONKEYの2016年のツアーに密着したドキュメンタリー映画『オトトキ』が、『第22回 釜山国際映画祭』で上映されることになった。

 
この映画は、2016年の復活劇を1年間かけて追いかけたドキュメンタリームービーで、監督は『トイレのピエタ』で注目を集める松永大司氏。迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じられる映画となっている。

公開は、11月11日(土)より。

 
また、今回の発表に合わせ予告編映像も公開された。チェックしてみよう。

 
 


映画「オトトキ」予告

 

 



 

『オトトキ』

 
公開:2017年11月11日(土)
出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二
監督:松永大司
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:ティ・ジョイ
製作:映画「オトトキ」製作委員会
©2017映画「オトトキ」製作委員会

 
[特典付きムビチケ]
9月30日より発売開始 
絵柄・特典詳細・価格等詳細は近日公式HP等にてご案内致します(一部劇場除く)
※ムビチケカードは対応劇場でのみ使用可能なカードタイプの前売券となります。

[当日上映料金]
通常料金
※料金設定は各上映劇場によって異なります。ご鑑賞いただく劇場のHP等にてご確認ください。

 

この復活劇の1年間を追いかけたのは、現代アーティスト・ピュ~ぴるのドキュメンタリー作品『ピュ~ぴる』や、2015年公開の自身初の長編劇映画『トイレのピエタ』で数々の映画賞に輝くなど、今注目の新進気鋭の監督、松永大司。最新作『オトトキ』が第22回釜山国際映画祭ワイド・アングル部門の特別招待作品としてワールドプレミア上映が決定いたしました。本作が正式出品されている釜山国際映画祭は、1996年に創設されたアジア最大の国際映画祭。10月12日に釜山シネマセンターで開幕式が行われ、主演のTHE YELLOW MONKEYと松永監督がレッドカーペットに登場、翌13日のワールドプレミア上映後に舞台挨拶登壇予定。日本のみならず、アジア圏のファンとの交流も期待を寄せている。

また、一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 
彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?今後のTHE YELLOW MONKEYの行先を見い出すことは出来るのか?

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』 11月11日より全国公開。

 
オトトキ 公式サイト
オトトキ Twitter
オトトキ Instagram
オトトキ Facebookページ

 
 

 
THE YELLOW MONKEY『THE YELLOW MONKEY ISHERE. NEW BEST』(CD)

発売:2017年5月21日(日)
価格:2,500円+税
品番:COCP-39968
仕様:CD

Amazonで見る

収録曲:
01 .悲しきASIAN BOY
02. パール
03. 太陽が燃えている
04. プライマル。
05. WELCOME TO MY DOGHOUSE
06. 追憶のマーメイド
07. BURN
08. SPARK
09. 楽園
10. 真珠色の革命時代~Pearl Light Of Revolution~
11. SO YOUNG
12. 天国旅行
13. SUCK OF LIFE
14. 花吹雪
15. JAM
16. バラ色の日々

 


ロザーナ / THE YELLOW MONKEY
Director:福田哲丸

 

注目記事

THE YELLOW MONKEYのドキュメンタリーフィルム『オトトキ』11月11日から全国公開決定


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト THE YELLOW MONKEY 公式サイト
WEBサイト 映画『オトトキ』公式サイト
twitter https://twitter.com/TYMSproject
facebook https://www.facebook.com/tymsproject/
この記事の画像


関連記事: