2017-04-14 17:20 Fuhito Kitahara

メディアレーベルlute、二宮健監督作品『小村は何故、真顔で涙を流したのか?-WHY DID KOMURA CRY?-』を2週間限定Web上映&インタビュー公開


メディアレーベル「lute」が、インディペンデントムービーを中心にセレクトした作品を、その制作者のインタビューとともに2週間限定でWeb上映を行う新企画「lute cinema」の第2弾を公開した。

 
今回公開されたのは、第17回京都国際学生映画祭で長編部門グランプリを受賞した二宮健監督作品『小村は何故、真顔で涙を流したのか?-WHY DID KOMURA CRY?-』(2014年)。

 
同棲している彼女と可愛い後輩との間で揺れる主人公を通し、多かれ少なかれ誰しもが人生の中で迫られる「究極の選択」を、少し毒のあるユーモアとペーソスで描いた意欲作となっている。公開期間は、本日4月14日(金)から4月28日16時まで。

 
また、二宮健氏のインタビュー記事『人生の「もしも」を笑いで包む。日本映画界に現れた突然変異種・二宮健の覚悟と映画愛』がluteのWEBサイトで同時公開された。

 
 


lute cinema:『小村は何故、真顔で涙を流したのか?-WHY DID KOMURA CRY?-』
2017年4月28日16時までの期間限定公開

 



 
二宮健

91年大阪府生まれ。08年、『試験管ベイビー』が、第3回高校生映画コンクール映画甲子園2008にて監督賞を受賞。14年制作の『眠れる美女の限界』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015にて審査員特別賞を受賞。15年に『SLUM-POLIS』で劇場映画監督デビュー。レインダンス映画祭2015に正式出品された。
http://ken-ninomiya.tumblr.com
https://twitter.com/Some_Kind_of_W

 



 
lute


lute(ルーテ)は国内外のクリエイターの才能をつなぎ、ポストデジタル時代のカルチャーを届けるメディアレーベルです。

最先端のシーンで活躍する気鋭のクリエイターとアーティストをつなぎ、luteでしか見ることのできないMVやライブ映像、ドキュメンタリービデオ、テキスト記事、限定イベント等、ただ見る・聞くだけにとどまらない、ポストデジタル時代のカルチャーを体感できるメディアコンテンツを発信します。

lute公式サイト
lute YOUTUBEチャンネル
http://twitter.com/lutemedia
https://www.facebook.com/lutemedia


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト 二宮健 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/Some_Kind_of_W
facebook
この記事の画像

タグ: / / /

関連記事: