2018-12-07 12:00 Fuhito Kitahara

鈴木慶一率いるControversial Spark、2ndアルバム『After Intermission』のジャケ写&トラックリストを公開。予想も不能な快感ポップンロックに


Controversial Sparkが、2019年1月11日(金)に発売する2ndアルバム『After Intermission』の収録曲とジャケ写を公開した。

 
Controversial Sparkは、鈴木慶一、矢部浩志、近藤研二、岩崎なおみ、konoreという世代も環境も超えた5人によるバンド。

 
ポップ愛好家を驚かせたデビューアルバム『SectionⅠ』から3年半、今作は矢部浩志、岩崎なおみのボトムをベースに、絡み合うギター、宙を漂うヴォーカル、それぞれの強力な個性を生かした近未来型浮遊サウンドがますますパワーアップし、行き先の予想も不能な快感ポップンロックに仕上がっている。

 
なお、1月13日(日)には新代田FEVERにて、恒例の新年ライブ『New Year Spark』も開催決定。キイチビール&ザ・ホーリーティッツを迎えることが発表されている。

 
 

 
Controversial Spark『After Intermission』

発売:2019年1月11日(金)
価格:2,778円+税
品番:PCD-18860

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

収録曲:
1. Life Time (作詞:鈴木慶一 作曲:近藤研二)
2. 赤と緑のGood Bye (作詞:鈴木慶一、konore 作曲:鈴木慶一)
3. 徒花 (作詞・作曲:konore)
4. 夜は許してくれない (作詞:鈴木慶一 作曲:矢部浩志)
5. リニアの悪夢 (作詞・作曲:岩崎なおみ)
6. 物騒な休日 (作詞・作曲:岩崎なおみ)
7. 泥棒天国 (作詞・作曲:konore)
8. とり憑かれた少女 (作詞:岩崎なおみ 作曲:近藤研二)
9. in July (作詞・作曲:鈴木慶一)
10. すごろく (作詞・作曲:岩崎なおみ)

 



 
Controversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)

鈴木慶一以下、カーネーションの元ドラマーでムーンライダーズのサポートもつとめたことがある矢部浩志、鈴木慶一とは旧知の仲で、現在は映画音楽などでも活躍しているギタリスト近藤研二。幅広いミュージシャンのサポートもつとめるベースの岩崎なおみ、活動休止中のバンド、the roomsでヴォーカルとギターを担当していたkonoreという世代も環境も超えた5人。だが、そうしたそれぞれの経歴などはこの際ほとんど知らなくてもいい… というか、そうしたキャリアや共通点の上に成立するような音楽を目指していないのがこのControversial Sparkのおもしろいところだ。


インフォメーション

タイトル New Year Spark
 
開催日時 2019年1月13日(日)
開場 17:30 / 開演 18:00
 
開催場所 新代田FEVER
(東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F)
 
料金 前売3,600円 / 当日4,100円
(共に+1drink)

[チケット]
イープラス、ローソン(L:75289)、ぴあ(P:135-402)、FEVER店頭
 
アクト Controversial Spark
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
and more
連絡先
WEBサイト Controversial Spark 公式Facebook
WEBサイト 鈴木慶一 公式サイト
twitter https://twitter.com/keiichi_suzuki
facebook
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: