2018-12-06 18:00 Fuhito Kitahara

NEO TOKAIを代表するラッパー・YUKSTA-ILL、新作アルバム『DEFY』2019年2月13日に発売決定。多彩なプロデューサー陣が1曲入魂で参加


YUKSTA-ILLが、3rdアルバム『DEFY』を2019年2月13日(水)にリリースすることになった。

 
YUKSTA-ILLは、tha BOSS(ILL-BOSSTINO)やDJ RYOW、仙人掌、KOJOEらとのコラボでもその名が知られるNEO TOKAIを代表するラッパー。CampanellaやSOCKS、PUNPEEらが参加した前作『NEO TOKAI ON THE LINE』が高い評価を獲得し、同作を伴った全国ツアーでも各所を沸かせている。

 
約2年ぶりとなる今作は、これまでの作品も客演は最小限に押さえ自身のラップ力で聴くものを魅了してきたが、今作は客演ナシの完全なるワンマンショーで制作。

 
またプロデューサー陣は、刃頭、falcon a.k.a. never ending loop、JJJ、OMSB、DJ whitesmith、JUNPLANT、DJ HIGHSCHOOL、DJ SEIJI、DJ MOTORA、BUSHMINDとシーンで活躍する多彩な面々が、1曲入魂スタイルで参加している。

 
そして、前作『NEO TOKAI ON THE LINE』収録曲「LOOK AHEAD OF US feat. Campanella」の16FLIPによるリミックスが本日12月6日24時(12月7日0時)より今作の前哨戦として配信開始となることも発表された。

 
 

 
YUKSTA-ILL『DEFY』

発売:2019年2月13日(水)
価格:2,500円+税
品番:PCD-25275
レーベル:P-VINE / RC SLUM
※収録曲は後日発表

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

 



 
YUKSTA-ILL(ユークスタイル)

 東海地方を拠点とする伝説的な不特定多数集団、TOKAI DOPENESS「TYRANT」のMCとして同地のシーンを牽引し、「KING OF HIP HOP」として名を売ったラッパー、YUKSTA-ILL(ユークスタイル)。活動初期に地元・鈴鹿で結成されたユニット、B-ZIKとしての活動と並行してULTIMATE MC BATTLE名古屋地区予選(07,09年)を制したことでソロMCとしてもその名が広まり、07年にはソロとしてシングル“LOST BOY/SO PARANOID…”をリリース。TYRANTの盟友であり、RC SLUMでも活動をともにするATOSONEとの共作『ADDICTIONARY』(09年)を挟み、11年に呂布カルマやMIKUMARIら、同胞のMCたちも参加したファースト・アルバム『questionable thought』をWDsoundsからリリース。13年にはそのWDsoundsと共謀し、東京を拠点に活動するビートメイカーたちとジョイントしたミニ・アルバム『TOKYO ILL METHOD』を、15年にはそれまでの活動をB-ZIKの相方KOKIN BEATZ THE ILLESTが総括したミックス作品『MINORITY POLICY』をリリース。同年には同じ東海地区を拠点に活動するラッパー、SOCKSのアルバムに参加し、同地のレジェンドである刃頭プロデュースの“OWNERZ OF HONOR”でコラボしたことも話題に。
  また、自らも名を連ねるクルー/レーベル、SLUM RC / RC SLUMのクルー・アルバム『WHO WANNA RAP』、『WHO WANNA RAP2』を筆頭にDJ RYOWやtha BOSS(THA BLUE HERB)、仙人掌らの作品へ参加し、ISSUGIやMASS-HOLEが中心となってドープなMC勢で結成されたコレクティヴ、1982sにも名を連ねており、着実にその名は全国区に広まっている。
 そしてセカンド・アルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』(2017年2月)のリリースを経て、2019年2月には約2年ぶりのサード・アルバム『DEFY』をその前哨戦として新録やリミックス音源を収録したYUKSTA-ILL × DJ BLOCKCHECKによるミックスCD『ABYSSS MIX』(2018年12月)に続きリリースする。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト YUKSTA-ILL 公式Twitter
WEBサイト
twitter
facebook
この記事の画像

タグ:

関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: