2018-12-01 12:00 Fuhito Kitahara

Jobanshi、2年の歳月をかけて完成させた5thアルバム『Chill Out』をリリース。”音楽と非音楽の狭間”をテーマとしたアンビエント作品


Jobanshiが、5作目となるアルバム『Chill Out』を本日12月1日(土)にカセットテープとデジタルでリリースした。

 
Jobanshiは、2012年から現名義で活動を開始したサウンドアーティスト。

 
今作は、UKの実験音楽レーベル・Moonside Tapesからのリリースで、約2年の歳月をかけて制作。”音楽と非音楽の狭間(はざま)”をテーマとしたアンビエント作品で、アナログシンセや日本の各地で録音された環境音が複雑に織り重なり、何度でもじっくりと聴き込むことができるよう工夫が凝らされている。

 
アートワークはインドネシア在住のコラージュ・アーティストSatria Nugraha氏が担当した。

 
レーベル直販サイト(bandcamp)にてカセットテープおよびデジタルで発売されており、30本限定のカセットテープも発送を開始している。

試聴もできるので、チェックしてみよう。

 
 

 
 

 
Jobanshi『Chill Out』

発売:2018年12月1日(土)
価格:£5
レーベル:Moonside Tapes
形式:カセットテープおよびデジタル・フォーマット
※レーベル直販サイト限定販売
※カセットテープは30本限定

bandcamp(試聴・購入)

収録曲:
1. Improvisation [Continuity]
2. Improvisation [Discord]
3. Improvisation [Humming]
4. Improvisation [Side-Ditch/Drain]
5. Structure [Walla Restaurant]
6. Structure [Computer Typing]
7. Room Tone [Spiral]
8. Room Tone [Glitch]
9. Room Tone [Buzz]
10. Structure [Time Clock]
11. Structure [Reverse Position]
12. Composition [Chill Out]


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト Jobanshi 公式サイト
WEBサイト Jobanshi bandcamp
twitter https://twitter.com/jobanshi08
facebook https://www.facebook.com/jobanshi
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: