2018-02-10 21:00 Fuhito Kitahara

春ねむり、1stフルアルバム『春と修羅』4月11日リリース決定。春ねむりが目覚めのシャウトを打ち鳴らす!


春ねむりが、1stフルアルバム『春と修羅』を4月11日(水)にリリースすることになった。

 
彼女は、蔦谷好位置、亀田誠治、高野寛らが絶賛するロック魂溢れるポエトリーラッパー。

 
2016年に衝撃のミニアルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー。2017年6月にはミニアルバム『アトム・ハート・マザー』リリースし、、メロディレスながらメインストリームにも通用することを証明。タワレコメンへ選出された。そして、同年9月には後藤まりことの共作シングル『はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて』をリリース。

また、東京女子流のリニューアル第1弾シングル『ラストロマンス』に作詞/作曲/編曲で参加するなど、ポエトリーラップ曲以外の楽曲制作でも新しい才能を開花させている。

 
そんな活動のなか、ついに1stフルアルバムの発売が決定。今作も全トラックの作詞/作曲を自身が担当し、様々なバックグラウンドが詰め込まれた貫禄の全17曲を収録。

 
初回盤には、2017年10月26日に武蔵公会堂で開催した初ホールワンマンライブ「ぼくを最終兵器にしたのはきみさ」のライブ映像をダイジェスト収録したDVDが付属。ライブでしか見せない千変万化の表情、表現が記録された見ごたえたっぷりのライブ映像を堪能することができる。

 
今回の発表に合わせ、ニューアルバムのティザー映像が公開された。春ねむりが目覚めのシャウトを打ち鳴らす名盤が完成した。

 
 


春ねむり 1st Full Album「春と修羅」ティザー

 
 

 
春ねむり『春と修羅』(初回限定盤)

発売:2018年4月11日(水)
価格:3,000円(税抜)
品番:PMFL 9001
発売元:パーフェクトミュージック
販売元:PCI MUSIC
仕様:CD+DVD

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

※ジャケット、収録曲は後日発表
※全17曲収録
※DVDには、2017年10月26日に武蔵公会堂で開催された初ホールワンマンライブ「ぼくを最終兵器にしたのはきみさ」のライブ映像をダイジェスト収録

 
 

 
春ねむり『春と修羅』(通常盤)

発売:2018年4月11日(水)
価格:2,500円(税抜)
品番:PMFL 0008
仕様:CD

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

 



 
春ねむり

1995年生まれ、横浜出身のシンガーソングライター / ポエトリーラッパー / トラックメーカー。
17歳からバンドを始め、シンセを担当。21歳、突如マイクを握り、うたう最終兵器「春ねむり」としての活動を始める。
自身で全楽曲の作詞・作曲を担当している。活動をはじめて数ヶ月後には、正規音源未発売ながらBAYCAMP2016にO.A.として出演。 また、音楽プロデューサー蔦谷好位置氏とのコラボ曲「さよならぼくのシンデレラ」の制作ではリリックと歌唱を担当。2016年10月、ファーストミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」でデビュー。その後、デビュー3ヶ月でワンマンライブをソールドアウトし、冬のBAYCAMP201701、WOOLY SUMMITなど、複数のフェス・サーキットイベントへ出演。また、トラックメーカーとしての楽曲提供、ソロでの客演参加も盛んに行い、2017年3月にはリミックス作品をリリース。そして2017年6月、セカンドミニアルバム「アトム・ハート・マザー」をリリース。同作品が、2017年6月度「タワレコメン」へ選出。直後の夏には、オーディション優勝を経て「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」へ出演!(他、カオスフェス、つくばロックフェス、BAYCAMP 2017等へ出演)。さらに、8月には芋生悠主演映画「; the eternal /spring」の主題歌を担当、9月には後藤まりことの共作シングル「はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて」をリリース。デビューから一年の節目には、吉祥寺・武蔵野公会堂にて自身初となるホールワンマンライブを成功させた。2017年11月、資生堂の医薬品リップクリーム「モアリップ」のWeb CMに出演しリリックと歌唱を担当。12月からは3カ月連続自主企画「冬の大三角」を行い、サードワンマンライブをソールドアウト。
2018年、東京女子流(avex)「ラストロマンス」を制作(作詞作曲編曲)するなど作家としても活動開始。
これが新世代のジェイポップ、こころはロックンロール。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト 春ねむり 公式サイト
WEBサイト 春ねむり Instagram
twitter http://twitter.com/haru_nemuri
facebook
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: