2017-11-24 21:00 Fuhito Kitahara

abelest、ニューアルバム『二千十七年度版怪物的試供品』11月29日に術ノ穴から発売決定。ナカコーが絶賛する才能


abelestが、ニューアルバム『二千十七年度版怪物的試供品』を11月29日(水)に術ノ穴からリリースすることになった。

 
abelestは、トラックメイカー、ラッパー、映像作家など多岐に渡って活動。

HIP HOPを根底としながらも、その前衛的な音はナカコーことKoji Nakamuraによって広く知られるようになり、先日行われたSeiho、okadadaのイベント『AT THE CORNER』にも出演するなど、その才能は確実に活動の幅を拡げている。

 
今作は、これまでの活動を1枚にまとめた作品集。アルバム収録曲のミュージックビデオが公開されているので、まずはチェックしてみよう。

 
 


abelest – 察知【MUSIC VIDEO】

 


abelest – ブンブンナイフ【MUSIC VIDEO】

 
 

 
abelest『二千十七年度版怪物的試供品』

発売:2017年11月29日(水)
価格:1,350円(単曲250円)
品番:sna-033
レーベル:術ノ穴

Amazonで見る

収録曲:
01. 察知 / abelest
02. SBG / abelest
03. Typhoon or something / abelest
04. Out of focus / abelest + k-over
05. Gradation / abelest + yurei
06. 永遠の雨 / abelest + 玲音 + 妄想A子
07. ストロー (abelest remix) / 963
08. ゑ〜! / abelest
09. ブンブンナイフ / abelest
10. Forgetful Days 2 / abelest
11. 苔のむすまで / abelest
12. Not That Simple / abelest
13. 霞 / abelest
14. 樹海 (abelest + soejima takuma remix) / 玲音
15. 察知 (Koji Nakamura remix) / abelest

 



 
abelest

音楽家・映像作家。
16歳よりマイクを床に擦り付ける、地面を叩くなどしてトラックメイクを開始。
18歳の時に書かれた作品「嗚呼、気持ちいい with my friend」が坂本龍一のラジオ番組RADIO SAKAMOTOで取り上げられ「何が気持ちいいのかよく分からない」と評されネットで話題になる。
その後、術ノ穴主宰のコンピ『hello』、LOW HIGH WHO?主宰のデモ募集企画『GOLDEN DEMO』やFOGPAKに収録、またSound Cloudの公式Twitterアカウントにて楽曲が紹介されるなどごく一部の界隈では話題の才能となる。
満を持して発表された2枚組自主制作1stアルバムは自身のウェブサイトのみの限定販売にも関わらず完売。
ポップでありつつも混沌が入り混じった独自のビートメイクはどのジャンルにも属さず、絶妙な中毒性と無限の可能性を秘めている。
ビートメイクと並行して多くのアーティストのMVを手がけている。
今後は映画を制作予定。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト abelest 公式サイト
WEBサイト abelest SOUNDCLOUD
twitter https://twitter.com/abelllest
facebook
この記事の画像

タグ: /

関連記事: