2017-05-19 23:00 Fuhito Kitahara

world’s end girlfriend × KASHIWA Daisuke、配信限定シングル『Requiem EP』緊急発売。圧倒的な破壊と構築による美しきエレクトリックミュージック


world’s end girlfriendとKASHIWA Daisukeが、配信限定シングル『Requiem EP』を明日5月20日(土)に緊急リリースすることになった。

 
今作は、5月27日(土)に発売されるKASHIWA Daisukeの新作アルバム『Re:RED』の先行シングルとして、KASHIWA Daisukeによる凶暴なエレクトロニカトラックの代表作「Requiem」のNew mix(アルバム未収録)と、world’s end girlfriendによるREMIXが収録される。

 
圧倒的な破壊と構築による普遍的で美しきエレクトリックミュージックとなっている。ジャケットは写真家・野坂実生氏が担当した。

 
なお、Virgin Babylon Recordsの公式Bandcampでは、本日5月19日23時より先行発売される。

 
 

 
KASHIWA Daisuke, world’s end girlfriend『Requiem EP』

発売:2017年5月20日(土)
価格:300円
仕様:ダウンロード

公式Bandcamp
Amazon

収録曲:
1. KASHIWA Daisuke / Requiem (New mix)
2. world’s end girlfriend / Requiem (world’s end girlfriend Remix)

 

 
KASHIWA Daisuke『Re:Red』

発売:2017年5月27日(土)
価格:2,250円(税抜き)
品番:VBR-042
レーベル:Virgin Babylon Records
仕様:CD

Amazonで見る

収録曲:
01. Roar
02. EVA
03. Subliminal Affirmation
04. Hail storms
05. Red Skirts
06. Mango fruit
07. Sacred Play Secret Place
08. AND U
09. Reflex
10. Fly high in the sky
11. Algo-Rhythm
12. Requiem (world’s end girlfriend Remix)

 



 
KASHIWA Daisuke

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006 年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『prog ram music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。同年、ヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブの一つ”Berghain”(ベルリン)や、ドイツ最大の野外フェス”Fusion Festival 2009″にも出演。2013年新海誠監督作品 『言の葉の庭』の音楽を担当。2014年中国主要9都市をツアーで巡り、オールワンマンで、2,000人を動員。自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

 



 
world’s end girlfriend

1975年11月1日 かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した長崎県の五島列島に
生まれ、10歳の時聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲をはじめる。
日本の魑魅魍魎が集まるVirgin Babylon Records代表取締役。
2016年、6年ぶりとなる新作フルアルバム「LAST WALTZ」をリリース。

 

注目記事

KASHIWA Daisuke、新作アルバム『Re:Red』5月27日リリース決定。world’s end girlfriendリミックス曲も収録


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト KASHIWA Daisuke 公式サイト
WEBサイト world's end girlfriend 公式サイト
twitter https://twitter.com/Virgin_Babylon
facebook https://www.facebook.com/VirginBabylonRecords
この記事の画像


関連記事: