2016-09-05 17:00 Fuhito Kitahara

アラゲホンジ、3rdアルバム『はなつおと』9月7日に発売。野心的なジャパニーズ・ソウルミュージックが完成

アラゲホンジ


アラゲホンジが、3rdアルバム『はなつおと』を9月7日(水)にリリースする。

 
アラゲホンジは、2007年に秋田県出身のソングライター齋藤真文を中心に結成。東北地方をはじめ日本各地の民謡や伝統リズムと、汎ブラック・ミュージックを融合。2010年には『FUJI ROCK FESTIVAL』のROOKIE A GO-GOに出演し、以降『SUKIYAKI MEETS THE WORLD』『橋の下世界音楽祭』など、全国各地の音楽フェスに参加している。

 
今作は、2013年発売の『たからかぜ』から約3年ぶりのニューアルバムで、これまでの作品のように民謡や囃子のエッセンスも取り込まれているが、同時にジャズに対するプログレッシヴなアプローチがあり、摩天楼煌めくモダン・ファンク~アーバン・ソウルがあり、ニューウェイヴ・ファンクと神楽の融合がありの野心的なジャパニーズ・ソウルミュージックが完成した。

エンジニアには、内田直之氏(LITTLE TEMPO &etc)、高橋健太郎氏を迎えている。

 
ニューアルバムから、アラゲホンジ初のミュージックビデオ「でたらめ神楽」も公開されているのでチェックしてみよう。

 


アラゲホンジ「でたらめ神楽」

 

アラゲホンジ『はなつおと』トレーラー

 
 

アラゲホンジ-はなつおと

 
アラゲホンジ『はなつおと』

発売:2016年9月7日(水)
価格:2,000円(税抜)
レーベル:GLOCAL RECORDS
品番:GLRE-CD05

Amazonで見る

収録曲
1. 秋田大黒舞(秋田県民謡)
2. Echo
3. でたらめ神楽
4. 十万人の橋
5. このゆびとまれ
6. ハルカゼ
7. はなつ音
8. たま送り
9. 生保内節(秋田県民謡)

 
日本はおもしろい。この列島には素晴らしい歌があり、祭礼や伝統行事があり、リズムがある。近年そうした日本列島に息づくさまざまな文化を再評価する動きが盛んに行われており、音楽方面でもさまざまなアプローチが試みられているが、東北を中心とする各地の民謡や伝統リズムに取り組んできたグループ、アラゲホンジの活動もそうした潮流のひとつに数えられるかもしれない。だが、アラゲホンジは自身でまとっていた「お祭りロック・バンド」という衣装を脱ぎ捨て、階段三段飛ばしぐらいの勢いでネクストステップに到達してしまった。このニュー・アルバムにはこれまでの作品のように民謡や囃子のエッセンスも取り込まれているが、ここには同じようにジャズに対するプログレッシヴなアプローチがあり(数曲の音の質感にはフライング・ロータスが意識されていることは書いちゃってもいいのだろうか?)、摩天楼煌めくモダン・ファンク~アーバン・ソウルがあり、ニューウェイヴ・ファンクと神楽の融合があり、リーダーである齋藤真文のニューソウルへの愛情がある。誰も足を踏み入れたことのなかったプリミティヴ・ポップの地平を切り開く、極めて野心的なジャパニーズ・ソウル・ミュージック。心躍らせ、涙腺を刺激してやまない9曲の名曲が今、世界に放たれる。

– TEXT BY 大石始(ライター/エディター)

 


アラゲホンジ

 
アラゲホンジ

2007年、秋田県湯沢市出身のソングライター 齋藤真文を中心に結成。東北地方をはじめ日本各地の民謡や伝統リズムと、汎ブラック・ミュージックの融合を柱に置き、「秋田音頭」、「相馬盆唄」、「リンゴ追分」などのカバー曲にも独自のアップデートを加えて提示する。2010年には”FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO”に出演し、以降”SUKIYAKI MEETS THE WORLD”、”橋の下世界音楽祭”など、全国各地の音楽フェスに参加。2013年の2ndアルバム「たからかぜ」発売時には、新聞・雑誌・ラジオなど多くのメディアから注目された。2016年9月、3rdアルバム「はなつおと」をリリース予定。さらなる洗練と進化を遂げた新譜に期待が集まる。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト アラゲホンジ 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/aragehonzi_info
facebook https://www.facebook.com/aragehonzi/
この記事の画像


関連記事: