2018-06-02 19:30 Fuhito Kitahara

Japanese Summer Orange、初MV「Let Me Get You Some Beers」公開。しこたまビールを呑み続ける最高にローファイな映像作品に


宅録インディポッププロジェクト「Japanese Summer Orange」が、初ミュージックビデオ「Let Me Get You Some Beers」を公開した。

 
Japanese Summer Orangeは、2018年から始動した東京都内で活動する現役大学生による宅録プロジェクト。インディポップ、ベッドルームポップ、ドリームポップなどに影響を受けたそのローファイな音像が懐かしく、そして新しい。

 
この楽曲は、インディポップにオルタナの要素を掛け合わせたような、けだるげなメロディラインとギターが特徴的。本人は「酔っ払って死にたくなったときに聴きたくなる曲。自暴自棄になったときに聞いてほしい」と語っている。

 
MVは、自身もバンド「皆様ズ」を率いる映像作家・皆様ズパラダイス氏が担当。楽曲のモチーフとなるビールをしこたま飲んでゲラゲラ笑いながら1日で作ったため、最高にローファイな作品に仕上がったという。

 
なお、Japanese Summer Orangeは過去も現在もライブ予定はゼロだが、オファーは絶賛募集中とのことだ。

 
 


Japanese Summer Orange – Let Me Get You Some Beers

 
 

 
Japanese Summer Orange『Let Me Get You Some Beers』

発売:2018年3月2日
価格:150円

Amazonでみる

収録曲:
1. Let Me Get You Some Beers

 



 
Japanese Summer Orange

2018年始動。神奈川発の宅録プロジェクト。インディーポップ、ベットルームポップ、ドリームポップなどから影響を受けている。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト Japanese Summer Orange SOUNDCLOUD
WEBサイト Japanese Summer Orange instagram
twitter https://twitter.com/JSO_music
facebook https://www.facebook.com/Japanese-Summer-Orange-1915612162082472/
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: