2017-12-31 21:00 Fuhito Kitahara

reading note、現メンバー4人の最後のMV「五月の雨」公開。新たな一歩となる映像作品に


reading noteが、今年2017年6月にリリースした最新ミニアルバム『人間味』から「五月の雨」のミュージックビデオを公開した。

 
彼らは、2005年春に結成された大阪府出身のロックバンドで、2016年10月に現体制に。2017年は最新作『人間味』を全国発売したほか、7月には台湾のロックフェス「覺醒音樂祭」に出演し、10月には渋谷TSUTAYA O-nestにて初のフロアワンマンも開催している。

 
reading noteは本日12月31日をもってDr.平郡智章が脱退することが決まっており、今回のMVは「現メンバーでどうしても映像作品を残したい」との強い思いで制作されたとのことだ。

 
楽曲「五月の雨」は、切なく心を揺さぶるメロディーラインと情景的な歌詞で、reading noteの真骨頂ともいえるバラード曲に仕上がっている。

 
 


reading note / 五月の雨【Official Music Video】
Director:吉岡泰介 ima studio / Bori(音景-Onkei-)

 
 

今作のMV公開に際し、平田勝久(Vo./G. )によるコメントが発表された。

映画は何の為に作られるんだろう?
たまにふと疑問に思う事がある。ビジネスのため?見る人に感動を与える為?作り手の自己満足?見る側はそんな事気にする事なくその世界に没頭すればいいだけの話。でも気になってしまう。きっと自分にとってはそこが一番大切な部分に思えるから。
急ですが新しいMVを作りました。
そして今回作成したMVは完全に後者であり僕のワガママです。
自分が観たかったから。現メンバーでの演奏シーンを記憶に残したかったから。だから全て僕のワガママで、無謀な納期を無理を承知の上でマネージャーにお願いをして完成までたどり着きました。
人間の記憶なんて曖昧でいつか失くなってしまう。でもYouTubeはさすがに僕よりは長生きしてくれるんじゃないかってそう思ったから。
男は昔の彼女を忘れられない女々しい生き物。
「reading noteを好きな人にもアイツの事忘れて欲しくなくて」
なんて言ったら気持ち悪がられそうですが。それくらいの気持ち。
このワガママをあなたが喜んでくれたらもう何も言う事はありません。
だからってズルズル前に進めない訳じゃない。むしろ前に進まないといけないんです。2018年もより一層reading noteをよろしくお願いします。

最後になりましたがこのMV作成に力を貸していただいた関係者様、メンバー本当にありがとうございました。

reading note 平田勝久

 

 
reading note『人間味』

発売:2017年6月28日(水)
価格:1,800円(税込)
品番:FFCR-0003
レーベル:for future company records

Amazonで見る

収録曲:
1. ケダモノ
2. 人間味
3. 性癖
4. 五月の雨
5. 夢想病
6. 食べ頃

 



 
reading note

 
平田勝久(Vo.&Gt.)
遠藤タカヒロ(Gt.)
中井真貴(Ba.)
平郡智章(Dr.)

 
2005年春に結成された大阪府出身のロックバンド。メンバーチェンジを経て、2016年10月に現体制に。2017年6月に最新ミニアルバム『人間味』を全国発売。7月には台湾「覺醒音樂祭」に出演し、初の海外進出も果たした。

10月17日(火)には渋谷TSUTAYA O-nestにて初のフロアワンマン「お好きなところからご賞味あれ」を開催。チケットソールドアウトで、大盛況のうちに終了している。

 

注目コラム

言いたいことは言えちゃうこんな世の中 | reading note 連載コラム


インフォメーション

タイトル KEEP ON ~Planet K 19th anniversary
 
開催日時 2018年2月2日(金)
open 18:30 / start 19:00
 
開催場所 吉祥寺Planet K
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-10 八番館ビルB1)
 
料金 前売 2,500円(ドリンク別)
 
アクト reading note
ALLaNHiLLZ
テラナノカ
連絡先
WEBサイト reading note 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/read_ing_note
facebook https://www.facebook.com/readingnotepage
この記事の画像

タグ:

関連記事: