2017-03-17 21:00

あのQUINTET、閉店した下北沢屋根裏のスタッフが集うMV「回想東京」公開。明日、吉祥寺planetKでニューアルバム発売


あのQUINTETが、明日3月18日発売のニューアルバムから「回想東京」のミュージックビデオを公開した。

 
彼らは、2010年に千葉出身の幼馴染で結成された5人組バンドで、千葉、都内を中心にコンスタントにライブ活動を行っている。これまでに3枚のミニアルバムを、昨年10月には1stシングル「回想東京/現代砂漠」をリリースしている。

 
この「回想東京」は、2015年に閉店した下北沢屋根裏のスタッフだった高山裕之(Vo.Gt.)が別れの歌として書いた楽曲。MVでは屋根裏閉店時のスタッフが終結し、楽しそうに飲んだり食べたりしている様子が収められている。

監督は、皆様ズパラダイス氏が担当した。

 
また、明日3月18日(土)には吉祥寺planetKでWell done Sabotageとの共同レコ初企画『放課後の逡巡』が開催される。こちらの会場でニューアルバムの詳細発表&リリースとなるので、会場でゲットしよう。

 

高山裕之と、皆様ズパラダイス監督からコメントが発表された。

回想東京は、自分がバンドとしても長年お世話になり、スタッフとしても勤めていたライブハウス下北沢屋根裏の閉店の報せを受け同ライブハウスでの最後の出演後に東京・下北沢から地元・千葉に帰る際に考えた曲です。

普段は何も考えずに詩や曲は書くのですがこの曲は色々な事を思い出しながら書きました、沢山の人に出会い、何度もライブをし、色々な事を学びました。
その中で印象に残った事だけを切り取るのはとても難しく纏める事は出来ませんでした。
なので、その最後に言葉を告げるならという形で自分なりに詞を書きました。

別れというものが曲のテーマになった時、悲しいという印象は感じさせたくないな、と思い曲調は明るくしました。

高山裕之

 

下北沢屋根裏のメンツが楽しそうに、麻婆豆腐が美味しそうに撮れたので、とても満足してます。4月になったら花見がしたいですね

皆様ズパラダイス

 


あのQUINTET「回想東京」MV

 

 



 
あのQUINTET

千葉出身、幼馴染で結成された5人組バンド、2010年より船橋ROOTS、下北沢屋根裏を中心に活動。現在は千葉、都内を中心にコンスタントにライブ活動を行っている。
今までに3枚のミニアルバム昨年10月には1stシングル「回想東京/現代砂漠」をリリース、ライブ会場限定で発売している。
その1stシングルから「回想東京」をMV化、3/18(土)に吉祥寺Planet Kで行われるイベントから「回想東京(album ver.)」を含む12曲入りフルアルバムを発売予定。


インフォメーション

タイトル あのQUINTET × Well done Sabotage レコ発共同企画「放課後の逡巡」
開催日時 2017年3月18日(土)
open15:30 / start16:00

※12曲入りのアルバムを発売予定です。
詳細は企画で発表いたします。
 
開催場所 吉祥寺Planet K
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-10 八番館ビルB1)
 
料金 前売2,000円 / 当日2,500円
(共に+1ドリンク)
 
アクト あのQUINTET
Well done Sabotage
Comolebi
あしたサナギ
踊る犬コロ
アグリオン
ドントクライベイベー町田
教育番組
テラナノカ
連絡先
WEBサイト あのQUINTET 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/anoquintet
facebook
この記事の画像


関連記事: