2015-08-04 21:00

FRF’15出演直後のmanic sheepにインタビュー/剛剛結束FRF’15演出的manic sheep的訪談

manicsheepphoto by Bud Terao


昨年ROOKIE A GO-GOの台湾からの参加ということで注目を集めたmanic sheep。ライブが評判を呼び、ついにはROOKIE A GO-GO出演者によるFUJI ROCK FESTIVAL’15出演権獲得企画で見事メインステージの出場権を獲得した(ステージはREDMARQUEE※最大5000人収容の大型テント)。出演を終えたばかりのmanic sheepに色々聞いてみました。

來自台灣的manic sheep因去年參加ROOKIE A GO-GO的表演而受到矚目。通過在ROOKIE A GO-GO的演出者就有機會能在FRF主舞台演出的企劃,LIVE備受好評的manic sheep得以在FUJI ROCK FESTIVAL’15主舞台之一表演(演出舞台為RED MARQUEE※最多可容納5000人的大型舞台)。就請剛剛結束演出的manic sheep來跟我們談談這次演出的種種。

 

photo by Makk Owen Watt

translation by Rosaliz Hu & Bud Terao

text by Bud Terao

 

《manic sheep in FUJI ROCK FESTIVAL’15》

manic sheep
メンバー:鳥人(drum)、JOY(Bass)、Howard(Guiter)、Chris(Vocal)

 
 
——manic sheepのライブはいかがでしたか?

 
鳥人 自分はmanic sheepのライブを見てないからわからない。

JOY 私は上がり症です。

Howard まさか初の海外で初のフジロック参加が出演者として、とは思いもしなかった。

Chris 新しい試みはまだ完全にはやり切れてないけれど、この2ヶ月間メンバーみんなで全力で準備したので、そういう思いがこもったライブだったと思う!

 
——manic sheep會怎樣形容自己的演出?

 
鳥人 自己沒看過所以也不知道

JOY 緊張大師–張芳瑜

Howard 真的沒想過第一次出國參加FUJI ROCK就是來表演

Chris 雖然新的想法還沒有辦法完整的呈現,但去之前了兩個月大家都盡了全力準備,應該算是一場有誠意的演出吧!

 
MOW_7485Chris(Vocal) photo by Makk Owen Watt

 
 
——昨年に引き続き2回目の出演となりましたが、今回のフジロックはどんな印象でしたか?

 
JOY アーティストエリアパスは最高(去年はつらかった)。あとフェス自体はゆったりするのがいいね。。いったりきたりするのは疲れた。

Chris 感動で一杯です。去年ROOKIE A GO-GOに参加できたのは本当に良い経験になって、たくさんの日本のバンドと友達になれたし、そこから日本の新しいバンドを聴き始めました。今年は会場内のステージなので毎日ワクワクしながら過ごしてました。アーティストとしてフジロックに参加できるなんて思ってなかったですので。そしてあんなにも多くのお客さんが私たちのライブを観に来てくれて、沢山の拍手や声援をくれて、あっというまの時間でしたけれど、会場に入るときから今まで感謝でいっぱいです。今年のフジロックは私たちにとっては永遠に美しい思い出になりました。

 
——去年開始連續參加了兩屆Fuji Rock的演出,對今年的Fuji Rock留下了怎樣的印象呢?

 
JOY AAA通關真是太讚了(去年好痛苦)。和音樂祭還是純CHILL就好⋯⋯跑來跑去太累了。

Chris 充滿了各種感動,去年參加Rookie舞台是非常好的經驗,認識了許多日本的新樂隊,也開始聽一些日本新興的樂團的音樂。今年在正式舞台演出每天的心情都很激動,從來沒有想過可以以一個Artist的身份參與Fuji Rock。也難以想像有這麼多的群眾會來觀賞我們的演出,並且給了許多的掌聲和鼓勵,雖然也有稍微玩樂和看演出,但從踏進會場直到現在,都是充滿感謝的。今年的Fuji Rock對我們來說一定是一個永遠美好的記憶。

 
MOW_7507Howard(Guiter) photo by Makk Owen Watt

 
 
——manic sheep的フジロックのオススメポイントは?

 
鳥人 ポールダンス

JOY ドラゴンドラで行ったチルな楽園

Howard ドラゴンドラでいったあの極楽は最高に気持ちよかった。あそこで一日飲んでてもいいね。

Chris ドラゴンドラで山に上ってエレクトロ聞きながら芝生に寝そべってビールを飲む事〜

 
——manic sheep最推薦Fuji Rock的什麼地方?

 
鳥人 鋼管舞

JOY 搭纜車上去Chill的天堂

Howard 搭纜車上去的那個天堂無敵爽,大概可以在上面喝一整天吧

Chris 坐纜車上山聽電音躺草皮喝啤酒~

 
MOW_7494JOY(Bass) photo by Makk Owen Watt

 
 
——manic sheepのライブの時にも台湾人のオーディエンスが沢山観に来ていました。今年台湾からのフジロック参加者が増えたようですが、なにか理由があるのでしょうか?

 
manic sheep 以前からずっと多くの台湾人はフジロックに行くのが好きです。理由の一つは、フジロック自体がとても特別なフェスで、山に囲まれた苗場で開催しているので自然がいっぱいで心地よい環境という事です。二つ目の理由は、フジロックに来ている多くのバンドが台湾でライブをしていないという事で、日本と台湾はとても近いので、欧米のフェスに観に行くよりは費用は全然安く済むという事もあります。
そして、今年は貢寮國際海洋音樂祭※や野台開唱※という台湾の大きいフェスがお休みしているので今年はフジロックに行く人が特別に多いんだと思います(私の予想では)。

あと、もしかしたらRIDEだけ目当てのファンや、DAVEの寒いギャグを目当てに来る人もいると思います!

 
※貢寮國際海洋音樂祭
2000年から続く台北から車で2時間ほどの海辺で行われる音楽フェス。バンドコンテストが有名で、数多くのスターを排出して来た、台湾の夏フェスの代名詞となっている。今年は6月に台北で起きた粉塵爆発事故の影響で開催見送りとなる。

※野台開唱
1995年から2008年まで台北にて開催された台湾で最大規模の音楽フェス。海外からも有名アーティストを招聘していた。2013年に一度復活したが、その後現在まで休止中。

 
——manic sheep演出的時候台下有很多來自台灣觀眾來看表演。 今年Fuji Rock似乎有很多來自台灣的參與者(有很多來自台灣的朋友參加),覺得有可能是什麼原因?

 
manic sheep 一直以來都有很多的台灣人喜歡去Fuji Rock看表演,一來是Fuji Rock本身就是個很特別的音樂祭,辦在群山環繞的苗場是個很天然和舒服的環境。二則是許多在富士搖滾演出的樂團不會來台灣表演,日本離台灣很近,需要花費的費用比起要去歐美國家的音樂祭來的便宜許多。特別是今年海洋跟野台都停辦,所以去的人就特別多了(我猜拉)。

不過也有可能是RIDE為了看RIDE還有DAVE的冷笑話!

 
MOW_7584鳥人(drum) photo by Makk Owen Watt

 
 
——台湾にも沢山の野外フェスがあり、manic sheepも何度も参加していると思いますが、台湾のフェスと日本のフェスの違うところはありますか?

 
manic sheep 実際の所日本のフェスはフジロックしか参加した事無いけど(爆笑)、台湾では山の中で大規模なフェスはまだ無くて、フジロックはこの点は特別です。例えば、多くの観客がテントでキャンプをしたり登山の装備で来てたり、その着こなしがすごくセンスがあったり、あと多くの人が子供を連れて来てたり、本当に幸せな事だと思います!これは台湾とは大きく違いますね。

 
——台灣也有很多戶外的音樂季,manic sheep本身也參加了不少次,覺得台灣和日本的音樂祭有何不同的地方?

 
manic sheep 其實日本音樂祭目前也只參加過Fuji Rock而已(大笑),台灣目前還沒有辦在山裡面的大型音樂祭,光這點就相當的特別。例如說很多觀眾都扛著帳篷還有全套的登山裝備上山,又穿得很帥很Swag,也有很多帶著小朋友來的家長們,實在超幸福的!這真的和台灣很不一樣。

 
MOW_7476photo by Makk Owen Watt

 
 
——manic sheepのフジロックへの参加は直接自分達でやりとりをし、全てマネージメントしたと聞きました。大変だった事はありますか?

 
manic sheep 言葉の問題は沢山の日本の友達の助けてもらいました。特にTakeshi Kato(日本のバンドBroken Little Sisterのベース)は主催とのメールや細かいやり取りをほとんど受け持ってくれました。これはとても大変な仕事だったと思います。彼は翻訳だけでなく、私たちと主催とのやりとりや交渉の橋渡しをしてくれました。一番大変なのはやはり言葉の部分、あとは少しの文化的な違いで、あとは問題なく慣れました。今までもずっと自分たちでやってきましたから※。

※manic sheepはアメリカの有名インディーフェスであるSXSWにも自らのマネージメント参加している他、過去のツアー等も全て自ら行っている。

 
——聽說這次參加Fuji Rock的相關事項全是manic sheep你們自己來規劃與交涉的。覺得最辛苦的部分是什麼?

 
manic sheep 因為語言的關係其實仰賴了很多日本朋友的幫助,像Takeshi Kato(Broken LittleSister的貝斯手)幾乎包辦了我們全部跟主辦方的信件以及所有細節溝通的來往,其實這是很辛苦的工作,因為他要幫忙翻譯還要擔任雙方溝通討論的橋樑。最辛苦的應該是語言的部分,還有一些文化差異,其他倒是蠻習慣的,因為一直以來都是自己來。

 
MOW_7565photo by Makk Owen Watt

 
 
——今後日本ではどのような活動を予定していますか?

 
manic sheep 9月に福岡のフェス「SEACOST SOUND FUKUOKA」に参加します。日程は9/26です。時間はまだ出ていないのですが、主催のホームページをチェックしてみてください。しばらくはワンマンやツアーの予定はありません。できれば今年の年末に2枚目のアルバムを制作して、来年の春か秋には日本ツアーに行きたいです!(桜と紅葉が好きです)

 
——今後在日本有怎樣的活動計畫嗎?

 
manic sheep 9月會參加一個福岡的音樂祭SEACOST SOUND FUKUOKA詳細的時間是9/26,團序還沒出來可以關切他們的網站。暫時沒有專場或者是巡迴演出的計劃。希望今年底可以錄製好第二張專輯,在明年的春天或者是秋天去日本巡迴!(喜歡櫻花跟楓葉)

 
MOW_7780photo by Makk Owen Watt

 
 
——ファンの皆さんにメッセージを

 
鳥人 天才ベースのJOYのツイッター(https://twitter.com/baylanswordfish)をチェックしてください。

JOY みんなありがとう!!

Howard <3 <3 <3 (※ハートマークの絵文字)

CHRIS 私たちを待ってくれて、多くの応援や励ましをくれた皆さんありがとう!このエネルギーを大事にして音楽を続けます。本当にありがとう!

 
——message for 粉絲

 
鳥人 請關注貝斯天才@baylangswordfish的Twitter

JOY 謝謝你們!!

Howard <3 <3 <3

CHRIS 謝謝大家一直等待著我們並且給了很多支持和鼓勵,我們會好好運用這股力量繼續做音樂的,非常感謝!

 

manic sheep PROFILE
2012年、ファースト・アルバムがリリースされ、台湾フェスMEGAPORT FESTIVAL 大港開唱2013に出演し、その後SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)、CMF(Canadian Music Fest)の出演に伴い、北アメリカツアーを敢行した。同年香港最大のフェスClockenflapにも出演。2014年に再びSXSWに出演、日本初ツアーも実現した。そして2015年、3人だったManic Sheepは今は5人のバンドとなった。マニュピュレーターとVJが加入し、さらにfoggyでサイケなDream pop感に満ちた新しい音楽を聴かせる。

 

おわりに

以上manic sheepのインタビューでした。非常に充実したフジロックとなったようですね。これから日本でも彼らのライブを見れる機会が増えるのではないかと思います。manic sheepの活動にこれからも注目してください。

 

編集部注

 

貢寮國際海洋音樂祭
2000年から続く台北から車で2時間ほどの海辺で行われる音楽フェス。バンドコンテストが有名で、数多くのスターを排出して来た、台湾の夏フェスの代名詞となっている。今年は6月に台北で起きた粉塵爆発事故の影響で開催見送りとなる

 

野台開唱
1995年から2008年まで台北にて開催された台湾で最大規模の音楽フェス。海外からも有名アーティストを招聘していた。2013年に一度復活したが、その後現在まで休止中。




関連リンク

manic sheep Facebook
manic sheep Twitter


この記事の画像
MOW_7438


関連記事: