2017-07-27 12:00

ソールドアウトとなったYasei Collectiveの全国ツアーファイナル公演。大喝采のステージ上で追加公演の開催を発表(ライブレポート)

Photo by Kana Tarumi


Yasei Collectiveがニューアルバム『FINE PRODUCTS』を引っさげて、7月22日に東京・新代田FEVERで開催した全国ツアーファイナル公演。そのオフィシャルレポートが到着した。

 

“ヤセイ”味あふれる圧巻のツアーファイナルが閉幕!追加公演の開催も決定!!

 
中毒性のあるビートと突き抜けたポップセンスを武器にジャンルレスな快進撃を続け、今大きな注目を集めるバンドYasei Collective。5月に発売となったニューアルバムを引っさげて行われた全国ツアー『Yasei Collective Live Tour 2017 “FINE PRODUCTS”』最終公演が、7月22日(土)に東京・新代田FEVERにて開催された。

 
ソールドアウトとなった本公演では、Yasei Collectiveのライブを前に、DJ荒内佑(cero)、MONO NO A WARE、WONKが熱いパフォーマンスを披露し来場した観客を楽しませた。

 
熱気に包まれた会場にYasei Collectiveのメンバーが登場すると、ミュージシャンズ・ミュージシャンとしても名高い彼らの第一音を聴き逃すまいと満員の会場は固唾を呑む。

待望のツアー・ファイナルは『FINE PRODUCTS』収録曲、ファンキーなサウンドの「Interlude-3」からスタート。アルバム・レコーディングからアレンジを加え、ジャム・チューンとして昇華させたパフォーマンスを繰り広げる。開始直後からクライマックスのようなテンションで会場のファンは音に体を委ね踊り始めた。

 
割れんばかりの大喝采の中、リーダーの松下マサナオ[Ds]が「ヤセイコレクティブです。最後までよろしく」と挨拶をし、同アルバム収録の「Shinkado」へと流れ込む。”音”を”楽”しむために再構築されたであろう独特なアレンジの中で、別所和洋[Keys]のシンセが複雑な音階を刻み、縦横無尽に音が空間を往復する。青緑の照明と合わさり、まるで宇宙空間を遊泳しているような錯覚さえ覚えた。間髪入れずに披露した「radiotooth」では、斎藤拓郎[Gt,Voc,Synth]のボコーダーを駆使したギターサウンドや、中西道彦[Ba,Synth]のシンセ&ベースが唸る。圧倒的なパフォーマンスに会場の熱気は最高潮、大喝采が巻き起こった。

 
改めて松下が来場したファンと出演アーティストに感謝の意を伝えると、アルバム『FINE PRIDUCTS』収録の夢に誘うようなメズマライズな楽曲「Interlude-1」「Uncle S」、そして2013年リリースのSG曲「CHAT LOW」へと展開していく。激しい音圧の中にも、色艶を感じさせるライブにファンは酔いしれた。

 
圧倒的なパフォーマンスを披露した後には、ツアー全体的に”微妙”だったという別所(Keys)の物販紹介。ファンに暖かく見守られながら別所がグッズを紹介するも、松下が「ファイナルでもダメだったわ(笑)」と一蹴。超絶テクニックを披露した直後の別所のたどたどしいMCに、会場は暖かい笑いに包まれた。フジロックへの出演や夏フェスへの参加をファンに伝えた後、後半戦ではドラムが色っぽいメロウなチューン「Tabaco」、複雑に音が重なる「Demode re」へと流れ込み、美しい旋律の「Uncle B」のラストでは、斎藤のギターソロに満員の会場が手を上げ大喝采を送った。

 
続く「Interlude-2」は、アルバム・レコーディング時には1分程だった楽曲を、映画を思わせる壮大なスケールの約8分のトラックへと大胆にアレンジ。後半の松下のドラムは手数が圧倒的で、まるで”千手観音”のようだった。

 
「今日は本当にありがとうございました」と短く感謝を伝えると、中西のオクターバーを介したベースが”唄い踊る”「Alowari」、そして最新アルバムのリードトラック「HELLO」へと続く。”Yasei Collective史上最もテクニックを要する楽曲”とされる「HELLO」では、別所の速弾き、中西のベースとシンセ・ベースの驚異の同時弾き、松下の人間離れしたドラミング、斎藤の”声をギターで弾く”独特なヤセイ・サウンドが重なり、圧巻のステージを演出。突出した演奏テクで観客を魅了した「HELLO」で本編は終了した。

 
鳴り止まない拍手の中再登場したメンバーは、アンコールで最新アルバムのラストトラック「Quinty」を熱演し、”ヤセイ味“あふれる濃密な全国ツアーを締めくくった。

アンコールのステージ上で、追加公演を10月14日に下北沢・BASEMENT BARで開催されることが発表された。更なるアレンジが施されたInterlude楽曲たちも披露されるとのことなので、追加情報はYasei Collective HP/SNSを是非チェックして欲しい。

 
 

セットリスト

『Yasei Collective Live Tour 2017 “FINE PRODUCTS”』TOUR FINAL

日程:2017年7月22日(土)
会場:新代田FEVER
出演:Yasei Collective / WONK / MONO NO A WARE(O.A.)
DJ:荒内佑(cero)

 
01.Interlude-3
02.Shinkado
03.radiotooth
04.Interlude-1
05.Uncle S
06.CHAT-LOW
07.Tabaco
08.Demode re
09.Uncle B
10.Interlude-2
11.Alowari
12.HELLO
-Encore-
Enc1.Quinty

 

ライブフォト


Photo by Kana Tarumi


Photo by Kana Tarumi


Photo by Kana Tarumi


Photo by Kana Tarumi


Photo by Kana Tarumi


Photo by Kana Tarumi


Photo by Kana Tarumi


Photo by Kana Tarumi

 
 

 
Yasei Collective『FINE PRODUCTS』

発売:2017年5月24日(水)
価格:2,000円+税
品番:DDCZ-2157

Amazonで見る
TOWER RECORDS ONLINEで見る

収録曲:
1. HELLO
2. Interlude-1
3. Shinkado
4. Interlude-2
5. Pitout
6. Interlude-3
7. Uncle S
8. Interlude-4
9. Quinty

 


Yasei Collective「HELLO」MV

 

Yasei Collective「Quinty」(Live@Zepp Tokyo 5/27/2017)

 



 
Yasei Collective /ヤセイコレクティブ

松下マサナオ[Ds]
中西道彦[Ba,Synth]
斎藤拓郎[Gt,Voc,Synth]
別所和洋[Keys]

2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。
2010年、別所和洋(Keys)が加入。 自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。
2011年には1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL’12に出演。
2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。 自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。
2014年には柳下“DAYO” 武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、国内外から超豪華11組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。 発売記念ツアーは全国30公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREESTARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。11月にはシングル『radiotooth』、2016年4月には4thアルバム『Lights』をリリースした。
2017年1月、世界を代表するドラマーであるMark Guilianaをゲストに迎えたブルーノート東京公演を開催。
中毒性のあるビートと突き抜けたポップセンスを武器にジャンルレスな快進撃を続けている。




タグ:

関連記事: