2018-12-05 12:00 Fuhito Kitahara

Garden City Movement、2019年4月に初来日ツアー決定。イスラエルはテルアヴィヴを拠点に活動する注目のエレクトロ・ポップ・バンド


Garden City Movementが、初来日ツアーを2019年4月に開催することになった。

 
彼らは、イスラエルはテルアヴィヴを拠点に活動するエレクトロ・ポップ・バンド。James Blake以降を思わせるネオ・ソウル的感覚と、FKJのようなスタイリッシュさ、ドリーミーなアトモスフィアを纏いながら、ジャンルに縛られることのなく進化し続ける多彩なサウンドは、心地よい音を求めるリスナーたちを捉えている。

 
2017年9月にリリースした日本デビュー盤『Move On』と、今年2018年3月にリリースしたフルアルバム『APOLLONIA』がそれぞれロング・セラー中を記録で、夢のような情景のガールズ・ラブを描いたMV「Move On」のMVは250万再生を突破し、MTVイスラエルのアワードで”ベスト・ミュージック・ビデオ”に選出。エモーショナルなダンス・チューン「She’s So Untouchable」のMVも160万再生超え話題を集めた。

 
今回の来日ツアーは、4月8日(月)に渋谷WWWで、翌4月9日(火)に大阪CONPASSで開催。4月11日(火)には台湾・台北THE WALLでもライブが行われる。

 
 

 

 

 

 



 

GARDEN CITY MOVEMENT Japan & Taiwan Tour 2019

 
東京
日程:2019/4/8(Mon)
会場:渋谷 WWW
時間:OPEN 18:30 / START 19:30
料金:ADV ¥4,800 / DOOR ¥5,300 *別途1ドリンク代金
出演:Garden City Movement / and more

[チケット]
12月8日10:00から
e+ / ローチケ / ぴあ / Peatix

 
大阪
日程:2019/4/9(Tue)
会場:大阪 CONPASS
時間:OPEN 19:30 / START 20:00
料金:ADV ¥4,800 / DOOR ¥5,300 *別途1ドリンク代金
出演:Garden City Movement / and more

[チケット]
12月8日10:00から
e+ / ローチケ / ぴあ / Peatix

 
台湾
日程:2019/4/11(Thu)
会場:台北 THE WALL
時間:TBA
料金:TBA
出演:Garden City Movement / and more

[チケット]
TBA

 
後援 : イスラエル大使館
協力 : BEATINK / PLANCHA
主催・企画制作 : chamber

 
 

 
Garden City Movement『Apollonia』

発売:2018年3月16日
価格:1,857円+税
品番:BRALN48
Label: Late Night Tales / BEAT RECORDS

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

収録曲:
1. Again
2. Passion is A Dying Theme
3. Before I Fall
4. Ueno Park
5. Slightly All The Time
6. A Means To An End
7. I Knew Before I Met Her (That One Day I Would Lose Her)
8. Rini
9. Foreign Affair
10. For Tomorrow
11. What if You Can’t Win?
12. Now
13. Bitter Moon
14. Zaire
15. Mediterranea
16. Apollonia
17. Sans Titre
18. Santal 33

 
 

 
Garden City Movement『Move On』

発売:2017年9月15日
価格:2,000円+税
品番:ARTPL-092
レーベル:PLANCHA
仕様:CD / Digital

Amazonでみる
TOWER RECORDS ONLINEでみる

収録曲:
01. CASA MILA
02. MOVE ON
03. ENTERTAINMENT
04. THE MORE YOU MAKE IT
05. TERRACOTTA
06. LOVE + LOSS
07. LIR
08. BENGALI CINEMA

BONUS TRACKS
09. SHE’S SO UNTOUCHABLE
10. THE BEST OF TIMES?
11. PONT DES ARTS
12. SHE’S SO UNTOUCHABLE 12” EDIT

※解説・歌詞・対訳付き
※日本独自企画アルバム
※ボーナス・トラック4曲収録

 



 
Garden City Movement

イスラエルはテルアヴィヴにてRoi Avital (Vocals, Keyboards, Guitars)、Joe Saar (Guitars, Sampler, Keyboards)、Johnny Sharoni (Vocals, guitars,Sampler, Percussion)の3人により2013年に結成。同年10月にファースト・シングル「Casa Mila」(当初はBLDG5のコンピ『Ground Floor』に収録)を発表し、後にEP『Entertainment』をリリース。11月にはPitchforkを通じて彼らの代表曲となるセカンド・シングル「Move On」のリリースが発表される。「Move On」は翌年3月にMVが公開。音楽レーベルMe and Youの共同創始者で、アートやファッション界からも注目を集めている、新進気鋭のアーティストMayan Toledanoが手がけた映像は瞬く間に話題となり、MTVイスラエルのアワードでは「ベスト・ミュージック・ビデオ」に選出さ、現在までに250万回以上の再生数を記録している。6月にはセカンドEP『Bengali Cinema』をリリースし、シングル・リリースされたタイトル・トラック「Bengali Cinema」も注目を集め、7月にはBoiler Roomに初登場を果たす。9月には「Terracotta」がNinja Tuneのコンピ『Ninja Jamm – EP Bundle 5』にフィーチャーされるなど、順調な活動を果たしていく。
2015年にはロンドンのレーベルThe Vinyl FactoryとBLDG5の共同リリースによるニューEP『Modern West』を、2016年にはシングル「She’s So Untouchable」をリリース(その後2017年にリミックスや別テイクを加えてEPリリースされた)。「She’s So Untouchable」のMVは再びMayan Toledanoが手がけ、こちらも現在までに160万回以上の再生を記録している。

2017年にはこれまでリリースしたEP作の楽曲にシングル「She’s So Untouchable」及び、フィジカル未収録の楽曲などをボーナスとして加え、アーティスト本人監修の元、日本独自のアルバム仕様に仕上げた日本独自アルバム『Move On』を発表し、日本でも注目を集める。
そして2018年にKhruangbin等を排したロンドンのレーベル、Late Night Talesと契約を果たし、2018年に、EP作で培って来たスキルを集約し、さらに飛躍させた現時点での集大成ともいえるファースト・フル・アルバム『Apollonia』を発表(日本流通盤はBeat Recordsからリリース)。さらなる評価を獲得する。

ライヴにも定評があり、これまでBonobo、Caribou、Alt-J、Disclosure、Bondax、Blonde Redhead、Apparat等と共演を果たしている。
なお、現在はサポート・メンバーを加えた4人編成で活動している。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト Garden City Movement 公式サイト
WEBサイト Garden City Movement SOUNDCLOUD
twitter
facebook https://www.facebook.com/GardenCityMovement
この記事の画像


関連記事:
こちらのニュースもどうぞ: