2017-09-29 23:00 Fuhito Kitahara

URBANフェチ、11月1日に新宿JAMで初の単独公演開催決定。ニューアルバム『I♡URBAN』リリースツアー成功を記念して


URBANフェチが、11月1日(水)に新宿JAMで初の単独公演を開催することになった。

 
彼らは、野田耕平(vo,g)を中心に2004年に長崎県佐世保市で結成。2014年より一時活動休止となるも2015年に復活し、エモーショナルなライブが話題を集めている。

 
今回のイベントは、今年2月に発表したニューフルアルバム『I♡URBAN』のリリースツアー成功を記念したもので、今年末に閉店が決まっている新宿JAMで開催。

新宿JAM店長の石塚明彦氏から12年前に誘われたライブが実現する。

 
チケットは、感謝価格の1,000円(2ドリンク込み)。公式サイト、facebook、メンバーのTwitterにて取り置き予約を受け付ける。

 
 

 
URBANフェチ『I♡URBAN』

発売:2017年2月22日(水)
価格:2,200円(税込)
販売元:DISK UNION DISTRIBUTION
発売元:SOUKEN ENTERTAINMENT LTD./noseride/FUDEOROSHI RECORDS

Amazonで見る

収録曲:
01. ハッキリしない男とハッキリしない女
02. I ♡ URBAN
03. キッスしたい
04. Boy friend girl friend
05. その男、妄想につき2017
06. ドキドキしたい
07. ドキドキプラトニック
08. ボディーブローのような女
09. お前のためなら死ねる
10. HAPPY BIRTHDAY
11. どんなにお前がディスろうとあたしは絶対に負けないのです。

 


URBANフェチ「ハッキリしない男とハッキリしない女」

 



 
URBANフェチ

野田耕平(vo,g)を中心として 2004 年に 長崎県佐世保市で結成。
2007年に EPIC レコードと契約。デビュー作となる 1st ミニ・アルバム『URBAN フェチ』、2010 年に 1st アルバム『ピロートーカー』を発表。
その後数々のメンバーチェンジを 経て、野田のほか梅子(梅田梅子)(b)、 短パン(清宮真奈美)(ds)となる、2013 年に現メンバーによりミニ・アルバム『ファーストアルバム』を発表。ほぼ手売りで1000枚完売。

2014年より一時活動休止となるも2015年に復活。下北沢SHELTERで行われた復活ライブはソールドアウト。その後は毎ライブで新曲を発表、それに伴い各会場限定で発売されたシングルは累計600枚を突破。
2016年末に打首獄門同好会をゲストに自主企画「FUDEOROSHI」を下北沢BASEMENTBARで開催。

2017年はデビュー10周年。自主レーベル「FUDEOROSHI RECORD」発足、その第一弾として2/22には現メンバー初のフルアルバム「I♡URBAN」発売。デビュー10周年で更に勢いを増している。


インフォメーション

タイトル URBANフェチ初単独公演〜I♡URBANリリースツアー大成功記念感謝祭「I♡新宿JAM」〜
開催日時 2017年11月1日(水)
OPEN 19:00 / START 20:00
 
開催場所 新宿JAM
(東京都新宿区歌舞伎町2-3-2 セントラルビル1F&B1)
 
料金 前売当日共に1,000円(2ドリンク込)

[予約]
URBANフェチ公式サイト、フェイスブック、メンバーツイッターにて取置き予約
新宿JAM店頭予約
※チケット取置き予約をすると整理番号が発行され、当日の入場順となります。

[入場順]
URBANフェチチケット予約→新宿JAM予約→当日券
 
アクト URBANフェチ
連絡先
WEBサイト URBANフェチ 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/URBANFETI
facebook https://www.facebook.com/urbanfeti/
この記事の画像


関連記事: