2017-06-19 20:00 Fuhito Kitahara

Otonoha、ゆっくりと音に浸れるイベント『Sunday chill out party』7月2日に福岡Kieth Flackで開催。ゲストにMoskitooを迎えて


福岡の音楽レーベル兼イベント「Otonoha(オトノハ)」が、『Sunday chill out party』を7月2日(日)に福岡Kieth Flackで開催することになった。

 
今回のイベントは、会場に畳を全面敷き詰め、ボタニカルな雰囲気に飾り付けをした空間を演出。真夏の日曜日の昼下がりに、ゆっくりと音に浸れるイベントとなる。

 
スペシャルゲストには、今年デビュー10周年を迎えるサウンドアーティスト&グラフィックデザイナーのMoskitooが決定。

 
Moskitooは、2007年にニューヨークの音楽レーベル「12k」から1stアルバムをリリース。倍音のような広がりと不思議なクセのある自身の歌声を基点に、身の回りにある様々なオブジェクトやギターなどの楽器、電子音を交錯させながら独特な楽曲世界を構築。ヨーロッパ諸国、北米、オーストラリア等での海外ツアーを行うなど、活動の幅を国内外に広げている。

 
チケットは前売2,500円 / 学割1,500円(共に1ドリンク別)で、Kieth Flackのメールフォームにて予約受付中。

 
Moskitooの10周年記念ライブは今のところ福岡のみの開催とのこと。このチャンスに遊びにいってみてはいかがだろうか。

 

 



 
Moskitoo

1978年東京生まれ。札幌育ち。東京を拠点に活動するサウンド+グラフィックデザイナー、ヴォーカリスト。
倍音のような広がりと不思議なクセのある自身の歌声を基点に、身の回りにある様々なオブジェクトやギターなどの楽器、電子音を交錯させながら、独特な楽曲世界を構築する。
これまでに、エレクトロニカミュージックシーンにおける最重要レーベルのひとつ、12K(ニューヨーク)よりCDアルバム作品「DRAPE」「MITOSIS」、7インチアナログEP「SI SOL E.P.」、テイラー・デュプリー、フランク・ブレットシュナイダーらによるリミックスEP「MOSKITOO REMIXES」を発表。国際的な評判を集める。
国内に留まらずフランス、オランダをはじめとするヨーロッパ、ニューヨーク、カナダなどの北米、オーストラリア、デンマーク、韓国の企画へ招待され世界10カ国・20都市にて演奏を行っている。
自身のプロジェクト以外にもFILFLAへヴォーカル参加、GURUN GURUN、YAGYA、HARUKA NAKAMURA LABO、SIMON SCOTTら国内外のアーティストの作品やライブにてコラボレーション参加。
また、APPLE社教育アプリケーションとして推薦されているIPHONE/IPAD用アプリ「音楽絵本・銀河鉄道の夜」の楽曲制作の他、TV、ラジオ、CM、舞台楽曲で歌唱するなど、独自のフィールドで活動を広げている。

http://moskitoo.com


インフォメーション

タイトル Otonoha presents summer chill out feat. Moskitoo
開催日時 2017年7月2日(日)
開場/開演 15:00

終日禁煙です(フロア外に喫煙スペースを設けます)

 
開催場所 Kieth Flack 2階
(福岡市中央区舞鶴 1-8-28マジックスクエアビル1/2F)
 
料金 前売2,500円 / 当日3,000円 / 学割1,500円
(いずれも1drink order)
 
アクト [Special Guest Live]
Moskitoo

[Guest Live]
宙葉

[ DJ ]
Ozaki Koichi
Hiroyuki Mori
Miyaji
Mitachi
Mariko
連絡先
WEBサイト Otonoha 公式Facebookページ
WEBサイト イベントFacebookページ
twitter
facebook
この記事の画像


関連記事: