2017-04-27 19:00 Fuhito Kitahara

ドブロク、ニューアルバム『みんなの戦争』7月5日リリース決定。ロックバンドによる日本語ラップの新解釈が更に進化


ドブロクが、ニューアルバム『みんなの戦争』を7月5日(水)にリリースすることになった。

 
彼らは、オルタナティヴロックから日本語ラップまで、バックグラウンドを感じさせつつも独自の音楽スタイルを確立しているスリーピースバンド。

 
今作は、3人の紡ぎだすタイトなリズムとグルーヴ、時にふわふわとクルーズするメロディー、ギターボーカル田中寛司によるユーモアとたまに意地悪な心に残る歌詞、ロックバンドによるロックと日本語ラップの“はまり具合”の心地よさも体感できる意欲作。

 
また、ラッパーDOTAMAへの楽曲提供でも知られるクロダセイイチが参加。元LOST IN TIMEメンバーを擁するhuenicaもアレンジと演奏で参加している。

 
さらに今作はCDとDVDの2枚組でリリース。DVDには、ワンカメラ・ワンカットの緊張感あるドブロクの演奏シーンを収録。

撮影/ディレクションは、less than TVの映画を監督する大石規湖氏。照明には葉月氏が参加。ライブ収録映像とも一味違う、ライブ感を更に映像作品にまで高めた作品となっている。

 
7月9日(日)にはHMV渋谷店にてインストアイベントを開催。8月11日(金、山の日)には新宿JAMにてワンマンも決定した。

この後も更にビックな続報があるとのことだ。

 

ズボンズのドン・マツオ氏による応援コメントが発表された。

個人的なことを言わせてもらうと、以前に比べて音楽への関心も期待も希望も、かなり失いつつある。
そう分かってしまうことは、自分を成り立たせていたものへの疑問であり、自分自身への不信感だ。不信は心にこっそりと根を張り、一度侵食を始めた暗闇は、二度と元には戻らない(進行した胃炎のように)。それを食い止めるにはどうすれば良いのだろう?魂に効く薬は、結局、音楽のようなものしかない。
闇や倦怠や自暴自棄は無くならないかも知れないけど、スレスレの線でバランスを取ることは出来る。たぶんきっと。
ドブロク達は、まだまだ元気である。音楽を信じ、期待や希望を無くしていない。その名と違う、澄んだ曲らは、またボクをエッジのこちら側に引き戻してくれそうだ。愛する音楽を持つ者たちに、永遠に幸がありますように。
愛を失くしませんように。

 

 
ドブロク『みんなの戦争』

発売:2017年7月5日(水)
価格:2,400円(税抜)
品番:GORI-005
発売元:音宿ごりら屋
販売元:㈱MPD BM.3

 
[先着購入特典]
タワーレコード:オリジナルポストカードA
ヴィレッジヴァンガード:オリジナルポストカードB
HMV:ステッカー

 


ドブロクのライブ映像(京都公演) 2017年3月15日

 

ドブロク『みんなの戦争』リリース記念 【ミニライブ&特典会】

 
日程:2017年7月9日(日)
会場:HMV recordshop Shibuyaイベントスペース
時間:start15:00

※観覧フリー。
※ミニライブ終了後の特典会は、HMV recordshop Shibuyaにて「みんなの戦争」購入で先着配布される“特典券”をお持ちの方のみ参加可能。


インフォメーション

タイトル ドブロク「みんなの戦争」発売記念ワンマン
NO MOREおセンチ野郎vol.13~山の日にワンマンでひと山あてまひょ!編~
開催日時 2017年8月11日(金、山の日)新宿JAM
open19:00 / start19:30
 
開催場所 新宿JAM
(東京都新宿区歌舞伎町2-3-2 セントラルビル1F&B1)
 
料金 前売2,800円 / 当日3,000円
 
アクト ドブロク
連絡先
WEBサイト ドブロク 公式サイト
WEBサイト
twitter https://twitter.com/dobrok_official
facebook https://www.facebook.com/ドブロク-1396879070526065/
この記事の画像


関連記事: