2017-04-19 21:00 Fuhito Kitahara

The Seagulls、1stシングル『連れて行って』からタイトル曲のMV公開。6月25日には新宿JAMで自主企画も


The Seagullsが、昨年12月にリリースした1stシングル『連れて行って』からタイトル曲のミュージックビデオを公開した。

 
彼らは2016年9月結成された、平均年齢21歳の新世代のロックンロールバンド。初代ドラマーのロクローがバンド「ニトロデイ」に専念するため3月に卒業し、この春から新しい正式ドラマーを迎えての新体制で再スタートを切っている。

 
今回公開された「連れて行って」は、ロクローの最初で最後の参加作品。二本のギターが唸るロックンロールナンバーで、繰り返されるリフレインが特徴的だ。

 
また、彼らは先日4月6日にシングル収録曲「たまねぎ」のMVも公開している。

こちらは繊細なギタープレイに情感のある歌声を乗せたミニマムなオールディーズ調バラード曲。MVでは17歳の現役女子高生ミュージシャンゆりひな子が少女役で出演している。まずはこちらから先にチェックしてみよう。

 
6月25日(日)には新宿JAMで、ニトロデイらを迎えて自主企画『平成のブルースvol.2』の開催も決まっている。

 
 


The Seagulls – たまねぎ

 


The Seagulls – 連れて行って

 
 

 
The Seagulls『連れて行って』

発売:2016年12月24日
価格:1,000円

収録曲:
1. 連れて行って
2. チャンス
3. たまねぎ

[販売店]
下北沢モナレコード、国分寺超山田堂、札幌音楽処、ディスクユニオン(お茶の水駅前店、新宿日本のロック・インディーズ館(BF)、下北沢店、吉祥寺店、池袋店、渋谷中古センター)

[通販]
モナレコード
ディスクユニオン

 

 



 
The Seagulls(ザ・シーガルズ)

4人組のロックンロールバンド
2016年9月結成。

平均年齢21歳 黄金のメロディを持つ 新世代の轟音ロックンロールバンド。

アキのメロディが際立つ芯のある楽曲、力強い歌声にUGのヘヴィなギタープレイ、よしこのファンキーでグルーヴィーなベースプレイ、マサユキのパワフルでキレのいいドラミングが絡み合う豪快なサウンドが特徴。

50年代から90年代の様々なロックをどん欲に吸収、凝縮し 体現している。

2016年12月に1stシングル「連れて行って」をリリース、ライブ会場、下北沢モナレコード。国分寺超山田堂。都内ディスクユニオン、札幌音楽処などで発売中。

その1stシングルより表題曲「連れて行って」、カップリング曲「たまねぎ」のMVを公開。


インフォメーション

タイトル 平成のブルースvol.2
開催日時 2017年6月25日(日)
open15:30 / start15:50
 
開催場所 新宿JAM
(東京都新宿区歌舞伎町2-3-2 セントラルビル1F&B1)
 
料金 前売り2,000円 / 当日2,500円
(共に+1ドリンク)
 
アクト The Seagulls
ニトロデイ
THE LILY STONES
かめ道楽
王冠山羊倶楽部
フライングメイヤー
De Lorians
Steed Hooves
tengroove
エルモアスコッティーズ(O.A.)
連絡先
WEBサイト The Seagulls 公式サイト
WEBサイト The Seagulls SOUNDCLOUD
twitter https://twitter.com/TheSeagullsRock
facebook
この記事の画像


関連記事: