2016-09-30 23:00 Fuhito Kitahara

Gigantic Roar × SuiseiNoboAz、日本と台湾を巡るスプリットツアー決定。SuiseiNoboAzからのメッセージ動画も

SuiseiNoboAz-Gigantic Roar


SuiseiNoboAzとGigantic Roar(台湾)が、12月にスプリットツアーを行うことになった。

 
Gigantic Roarは、台湾で目下話題話題沸騰の若手ロックバンド。パンク、ブルース、ラップなどを取り入れた雑食性の高い音楽性で、結成わずか3年で東南アジア、香港、中国などへツアーを行っている。

 
今回のスプリットツアーは、12月8日(木)の青山月見ル君想フを皮切りに日本4箇所と台湾3箇所を巡るものになる。

 
今回の発表では、まず日本4公演が公開された。詳細は未発表だが、各地でゲストを迎えることも決定。台湾ツアーのスケジュールは2017年1月に発表される。

 

SuiseiNoboAzによるツアー開催に向けてのメッセージ動画が公開された。

 

Gigantic Roar(taiwan) × SuiseiNoboAz JAPAN & TAIWAN TOUR

 
日本ツアー
12/08(木) 東京 青山月見ル君想フ
12/09(金) 名古屋 池下CLUB UPSET
12/10(土) 京都 SOCRATES
12/11(日) 大阪 HARDRAIN

 
台湾tourは2017年1月に決定!
詳細は後日発表となる。

 
Gigantic Roar(taiwan) × SuiseiNoboAz JAPAN & TAIWAN TOUR

 


Gigantic Roar(巨大的轟鳴)

 
Gigantic Roar(巨大的轟鳴)from 台湾

台湾の港町高雄出身のバンド。2015年に金音創作獎という由緒ある音楽賞のライブパフォーマンス部門において受賞をし、台湾インディ界隈で噂の絶えない新進気鋭の若手バンドである。パンク、ブルース、ラップなどを取り入れた雑食性の高い音楽性で、結成わずか3年で東南アジア、香港中国などへツアーを行っている。

いわゆるミクスチャーバンドであるが、ラッパーとしても台北HIPHOPシーンにおいてメキメキ頭角を表しているボーカルの独特のフィジカル感のあるラップとボーカルを程よくブレンドするセンス、そしてバンドの変幻自在のグルーヴで時に激しく躍らせ、時にメロウに聴かせる。

ニューアルバム<老子有的是時間>が2016年4月に発売後、アジア各国、アメリカのフェス出演とツアーが決まり今まさにノリにノった状態での日本初上陸!!
http://www.giganticroar.com/
https://www.facebook.com/GiganticRoar/

 

巨大的轟鳴 Gigantic Roar-老子有的是時間


巨大的轟鳴 Gigantic Roar-登鸛雀樓

 
 


SuiseiNoboAz

 
SuiseiNoboAz

東京オルタナティブシーンを代表するロックバンドSuiseiNoboAz。
鍛え抜かれたタイトなリズム、轟音の中で放つ咆哮のごときボーカルでシーンにおいて圧倒的存在感を放つ現在進行形の東京のロックバンド

2007年夏、東京都新宿区にて結成。
2010年1月20日、向井秀徳プロデュースによる1stアルバム『SuiseiNoboAz』をリリース。2011年7月6日には2ndアルバム『THE(OVERUSED)END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH』をリリース。2012年7月ライブDVD『THE END OF THE
WORLD v.s. VINYLBUKURO』リリース。2013年6月12日、3rdアルバム『ubik』をリリース。
メンバー脱退を経て2015年11月3日、2曲入り7″アナログ限定シングル『mizukamakiri』リリース。


インフォメーション

タイトル
開催日時
開催場所
料金
アクト
連絡先
WEBサイト SuiseiNoboAz 公式サイト
WEBサイト Gigantic Roar(巨大的轟鳴)公式サイト
twitter https://twitter.com/SuiseiNorecoRd
facebook https://www.facebook.com/SuiseiNoboAz
この記事の画像


関連記事: